いめーじ

パルプ・フィクションのいめーじのレビュー・感想・評価

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)
4.5
タイトル通り薄っっぺらい話なんですけど、音楽も登場人物も粋なセリフも数々の深みのないシーンもすごく印象に残ってしまう。時系列バラバラの映画はノーランより先だし当時からしたら凄かったんだろうな。
ギャングでタランティーノだからバイオレンスでエグい描写もある。正直タランティーノの映画は苦手なんだけど、ここまでイケてるとさすがにハマってしまう。過激派ゲイはキツいが。

キャラの扱いがほんと薄っぺらい。
「は?ここで殺すの!?」って何度も思った。でも時系列バラバラだからなんだか寂しくならない作りだな。むしろギャグか。

ブルース・ウィリスの武器がグレードアップしていくといっても家で見つけた銃が一番強かったんじゃないか…?
日本刀は嬉しくなるけどさ。
あとブリーフケースの中身については明確な答えは示されてないからいろんな考察ができると思うけど監督も分からないんじゃないかこれ。

坊主頭のトラヴォルタしか観たことなかったからロン毛がめっちゃかっこよく思えた。

150分全然退屈しなかった。