kirito

パルプ・フィクションのkiritoのレビュー・感想・評価

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)
4.2
【これがタラちゃんの実力というわけか・・・恐るべし( ゚д゚)】

映画ファンからするとやはり本作は名作としてあげられるでしょうね。


【時間軸バラバラの群像劇】
このジャンルをこよなく愛する人は多いと思いますが、かくゆう私もその一人。
しかも、ギャングが絡んでくるとなると必然楽しいに決まっている。

お忘れかもしれませんが【タラちゃん祭り第2弾】は本作です。


『パルプフィクション』は色んな意味に訳されるそうですが
やはり「くだらない話」に集約されるのでしょうかね?


オープニングとエピローグがうまくつながるのでそこだけでも感動します!
一回観終わって、もう一度観ちゃうのがこういう映画の醍醐味ですよね☆


そして、レビューがしにくいのもこの手の映画にいえること笑!!
もうストーリーは観てくださいというしかw

とりあえず、二人のギャングの手下を中心に色んな話が展開していく形です笑


一推しのキャラは死体の(掃除屋さん)です。
この人確かにおちついてて大物感あるんですけど、やったことといえば指示しただけw
プロじゃないんかぁ~い( T_T)\(^-^ )
(ジョンウィックの掃除屋さんはもっとすごかったですぞよ?)
ある意味その矛盾が面白いですよね!


あとはトラボルタがトイレにこもると悪いことがおきますねw
今日のキーワードは「トイレ」です( ̄ー ̄)


出演者も豪華です◎
ジョントラボルタ(この人はあんまり好きじゃない)、サミュエルLジャクソン、ブルースウィルス、ティム・ロスetc。


ブルースはまだ微かに髪が残っているぞ!!
サミュエルも変な髪型です。
トラボルタも長髪です。
あれ?まともな髪の人は出てないのか(´・ω・`)


にしてもカバンの中身が気になりますよね?
あえて視聴者に委ねられているわけですが、皆さんはなんだと思いましたか?


タラちゃんの作品に触れたい!!という方はこれから入るのもいいかもしれません(*゚▽゚*)
若干長いですが楽しめますよ~

さて、第3弾にいかねば!!

2015.12.25