タマル

パルプ・フィクションのタマルのレビュー・感想・評価

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)
4.0
OPの入り方かっけえーー&ツイストラボルタかわえぇ〜〜!!
けど、タラちゃんとはあんまギャグの感性が合わんわ。
あと、まーーたなっちゃんが「ファックする」て訳してたんだけど、これだけは絶対にやめて欲しい。

この構造をプレッツェルタイプと考案者は呼んでいるらしいんですが、まぁ確かに時間軸通りに映画を撮るとキャラクターとか背景の段階的な「成長」を求められてしまい、それが制約となって失敗している屍の山を見るにつけ、こういった構造を提示したこと自体の意義や功績を肯定するに吝かでないのですが、しかしそれにしたって「こういう画期的な造りの映画だよ!!」と人に勧めたくなるほどかと言えばそうではなく、まして周りに映画フリークがおらず、また自分自身もそうではない私からしてみれば、この映画はやはり公開時期の勢いに乗っかった時に初めてその真価を発揮するタイプだと思うわけで、普遍性を持ったクラシックと言うよりはやはり『パルプ』として鑑賞する環境が最も好ましいのであり、従って今回の午前10時の映画祭の名画座的ラインナップに本作を加えることには疑問を感じざるを得ないような、実際にたぶん「午前10時」の常連さんなのかな〜と思われるおじいちゃんとおばあちゃんが途中退席しててちょっと気まずい感じだったので、大スクリーンで本作を観られたことには感謝しつつも、本作は友達で集まって映画でもみよっかってなった時の2本立ての一本目ぐらいが良いと思ツイストラボルタんかわいい。