パルプ・フィクションの作品情報・感想・評価

パルプ・フィクション1994年製作の映画)

PULP FICTION

製作国:

上映時間:154分

4.0

「パルプ・フィクション」に投稿された感想・評価

Kana

Kanaの感想・評価

3.1
正直、中身のある映画とは思えないけど印象に残っているのはテンポの良いストーリー展開と、かっこいいダンスシーン、ユマの深紅のネイルとオーバードース顔…。

好きなジャンルの映画ではないけど、確かにタランティーノらしいはちゃめちゃだけどcoolな映画だった。
61 クレイジーすぎ すき
パルプフィクションとは
パルプ(pulp)、つまり粗悪な紙に刷られた小説(fiction)。
要するに、出来の悪い、低俗な小説といった意味合い。
この映画は、高度な技術や豪華なキャストを使って撮られた"最高に出来のいい、出来のわるい映画"なのだ。

僕の大好きなタランティーノ監督のプリップリに脂のノリにノッた黄金期の大傑作。

初めて観た時、この映画なにがオモロイの?この映画のなにがそんなにすごいのか?
そんな疑問符が生まれたのなら、君はもうこの映画の虜だ!(多分ね。)
噛めば噛むほど味わい深い、そんな逸品。

話の中身についてはアメリカのヤクザモンの話だし、バイオレンスで痛々しい場面や下品な言葉が飛び交う場面は多々ある。
でも、そんなことを吹き飛ばすくらいに登場人物の会話劇は小気味いいし、サミュエル・エル・ジャクソン演じる黒人ギャングのジュールスの食うハンバーガーはメチャクチャ美味そうだ。

観ればファストフード店のハンバーガーセットのドリンクにスプライトをつけたくなること請け合い!
tama

tamaの感想・評価

4.5
わたしの一番好きな映画。

下品で低俗で、バカみたいな無駄話が
2時間半もあっという間に感じるなんて
意味がわからない。

いつ観てもクールでキュートで
爽快感に溢れてる。
炭酸のスプライトで喉がキュッとする。
すき。
あ

あの感想・評価

-
雑誌でバニラシェイクを飲むミアを見て可愛くて借りてきた
最初はあー、こんな感じでダラダラ続くんかなーって思っとったけど、
あっという間の2時間半!
それぞれに魅力があって可愛かったし面白かった~
ツイストのシーンが一番好き
倭大

倭大の感想・評価

3.5
どこのカットもかっこいい
ぎしお

ぎしおの感想・評価

4.1
かなり俺の好み。

男が2人で車に乗って語るだけで画になるんだよなぁ。

ツイストのシーン大好き。
emoman

emomanの感想・評価

4.2
終わりと始まり 繋がってる感じね
2回目でなんとなく🙆‍♂️
あのレストランの雰囲気行ってみたいのと
オーバードースのシーン良きまる
あの車のレストラン?バー?行きたい!
踊るユマ・サーマンが魅力的。長いと思って見てたはずが、最後はもう終わり?!と思わせちゃうのがすごい。
>|