パルプ・フィクションの作品情報・感想・評価

パルプ・フィクション1994年製作の映画)

Pulp Fiction

上映日:1994年10月08日

製作国:

上映時間:154分

4.0

あらすじ

「パルプ・フィクション」に投稿された感想・評価

「キャッチアップ不可能、最高級ケチャップ」

Q・タランティーノ祭の第2弾で、監督二作目にして映画のオリンピックを制した代表作は、前作を凌ぐ血みどろの果てに人としての矜持を描いた超傑作。
後に数多の作品に影響を与える時系列シャッフルは、ストーリーの枠を超えシーンの煌めきを構成化し、結末を知った上で過程を体感することは普遍化の域に達している。
例によって、登場前から約束された出オチが待っている俳優としてのタランティーノが抜群に面白いが、ブルース・ウィリス然とすることのみを徹底的に仕込まれた幼き日のブッチが最高。
アゴ監督唯一の傑作のやつ
ako4u

ako4uの感想・評価

2.5
始まって数分
ストップモーションからの “Misirlou”!!
キマってる〜〜
こっちのテンションは いきなりMAXに

で『イングロリアスバスターズ』みたいに キメッキメのシーンが続いてくのかなと思ったら
逆なわけ
だらだらとしたくだらない話と
失態、奇態、グロテスクなまでの醜態

ラリった美女の 目も当てられない体たらく とか
窮地を脱した別れ際の台詞が ジョークのオチ とか
可愛い恋人にテレビ投げちゃう逆上 とか
銃置いてトイレ入ってる とか
2人してつかまっちゃう とか
血みどろの車をどうするか とか
レストラン強盗の 事の顛末 とか

個人的な好みを言えば、実は断然『イングロリアスバスターズ』のほうなんだけど
世の人々がこの映画を高く評価してる意味もわかります

よくまあ これを、時系列を微妙にずらした、絶妙なバランスの、あんな構成で
どんな思考回路してんのか、天才かよ
自分は好きではない作品だけど、これに魅了される人がいるのは 理解できます


トラボルタのツイストは キレッキレで 超格好良い
サーマンと2人で踊るあのシーンは 何度も繰り返し観てしまった

サミュエル・L・ジャクソンのかっこよさも最強
ハンバーガーを食べながら 命のやりとり
聖書の一節
レストランを静かに出て行く姿
すず

すずの感想・評価

4.2
この雰囲気好きだな〜〜
主役?の男性カッコ良い
「ミルクと砂糖は?」
「ミルクも砂糖もたっぷりだ!!!!」

鼻をつくほどのアメリカ臭がする台詞の応酬(いい意味で)。この映画は字幕に限らず、吹き替えでも面白い。
相変わらずの長台詞
ヴィンセントがトイレに行くと必ず良くないことが起きる
ミアの家センスの塊かよ
ユアサーマンすこ
これ観て手巻きたばこに興味でた
めちゃくちゃfxxx言ってる映画なかなかないぞ!(褒め言葉
尻の穴に7年間入れた金時計いらな
マリアデメデイロスもかわよ
ジミー役クエンティンタランティーノやん
レストランの彼氏ライアンゴズリングやん
5ドルの高級セーキ、マーティンルイス飲んでみてえ
2、3年前鑑賞。構成が面白い。みんなcoolだけど、ミア・ウォレスさま、、格好良さが桁違い。黒髪ボブがちょーイケてる。大好きなイカれてる女の一人。
めも

めもの感想・評価

4.0
おすすめされて、はじめてのタランティーノ監督。すべての物語が繋がってはいるのだけど、伏線回収ってわけではないから、あんまり「これはやられた!!!」みたいなのはなかったかな。主人公ヴィンセントはじめ、みんな些細なことでガン切れしすぎでちょっと疲れる。でも会話はテンポよく見られるし、何よりも出てくる女の人がみんな美しくて楽しい。特にブッチの恋人のファビアンかわいすぎて、、、、。顔も脚のかたちも、話すことばまですべてが艶っぽくて好き。ポルトガルのマリア・デ・メデイロスさんという方らしい🇵🇹
れお

れおの感想・評価

3.5
なんかタランティーノ刺さらないんだよなぁ。セリフが多すぎるし、見てて「長いなぁ」って思ってしまう。世界観やキャラクターは好きなんだけど、映画全体の構成が好きになれない。
ヴィンセントの長いトイレとそこに居たものだけが知っている真実

会話劇がめちゃくちゃくだらないけど、3つの短編なのでちょうどいい感じでリセットくれる
そしてその間に頭の中で時系列を整理して…

それにしても有名なシーンが多い!
ミアとヴィンセントのツイストダンス、オープニングの音楽、オーバードーズミア…
出演俳優陣も豪華、そして若い!笑
ウェイター、ブシェミなんですね😂本当にチョイ役笑
あと思ったよりガッツリ出演、タランティーノ監督👏
>|