パルプ・フィクションの作品情報・感想・評価

パルプ・フィクション1994年製作の映画)

Pulp Fiction

上映日:1994年10月08日

製作国:

上映時間:154分

4.0

あらすじ

「パルプ・フィクション」に投稿された感想・評価

Aoi

Aoiの感想・評価

4.1
タランティーノ監督作品鑑賞6作目。

観終わった後「一体自分は何を見ていたんだろう…」という狐につままれたような、でも何か凄いものを見たぞという感覚があった。

オムニバス形式で登場人物と時系列が交錯していく展開は正直一回では飲み込みづらくて、あとで整理してみて納得できた。

登場人物は汚い言葉を連発し、くだらない話ばかりしているが、その中に滑稽さや格好良さが盛り込まれている。どのキャラクターもとにかく魅力が溢れていて、そして音楽が最高の演出をしている。

メッセージまではいかないけど、全体的に悪事をしている奴らは何らかの形でバチが当たって制裁される流儀がある気がした。

まあこんな色々考えていること自体もくだらない話(パルプ・フィクション)ですね
よくわからんけどとりあえずいっぱい死ぬ
pororonge

pororongeの感想・評価

4.0
あのダンス好きです😂
最後まで楽しく観れた。
小ネタ?多めでユマ・サーマンが超coolだった。
ぽぽ

ぽぽの感想・評価

3.0
よくわからんけどなんか好き。
もっかい観たくなる
masshi

masshiの感想・評価

3.8
内容に関して、
アップダウンはほぼなく、結末とかオチも特になく、めっちゃくちゃ面白いわけでもなく、くだらない話が多い

内容に関してはなんてことないのに終わった時はなんともいえない満足感とまた見たくなる、不思議

とにかく心を掻き乱された
こんな映画滅多にない
タランティーノ初期作。

みんな大好き「パルプフィクション」。定期的にレビューしたくなる名作です。
タランティーノの中では「ワンハリ 」に並ぶレベルで大好きな作品。観る度に新たな発見がある、細部への拘りが狂気的な世界観。毎度毎度圧倒される。

初期作ということで、タランティーノの代名詞である悪趣味バイオレンスは比較的に抑えめ。
その代わり、ストーリーやビジュアルへの盛り込みが凄い。「どこを切り取っても絵になる」みたいな文はこの映画のために出来たのではないか。そう思わされます。

他作品同様、キャラクター全員超個性的。
特筆すべきはデカい銃とアフロヘアが魅力的なジュールス。「ワンハリ 」のクリフと肩を並べる、最高にカッコいいキャラクターです。
銃を向けられても飄々としている映画キャラはごまんといても、ジュールスほどのカリスマは見たことがない。

そうしてジュールスは、羊飼いになれたのだろうか。
Rena

Renaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

時間軸、メインキャラの入れ替わりがあるが、決して分かりにくいということがない点が秀逸。
ラストは冒頭シーンに戻るところも面白かった。
「トンでてかっこいい」タランティーノ作風を知るきっかけになった。
>|