ピンポンの作品情報・感想・評価

「ピンポン」に投稿された感想・評価

ひじき

ひじきの感想・評価

3.8
私情を挟んだ上で大好き
ペコとスマイルはずっと友達、ヒーロー
幼馴染の卓球少年が高校生になりそれぞれ紆余曲折してライバルと大会で争うお話

「ヒーローは俺だぜ、俺だかんね」
りお

りおの感想・評価

4.4
窪塚の笑顔かんわいい
はまち

はまちの感想・評価

4.5
地上波で「ミックス。」を観たらこれを観たくなってしまい。

15年ぶり?くらいに観た。
やっぱり面白い。
今もカッコイイけど、
若い窪塚くんもアラタもキラキラ!
唯一無二の存在感を放つふたり。
これ今映画になったらペコは菅田将暉なんじゃないかとういどうでもいい妄想までしたところで、
私も歳取るわけだわーととたんにオバさん気分。

卓球×CGの新しすぎる表現が当時話題となっていた。
でも物語の主軸はスポ根、ふたりの友情物語というシンプルなもの。
言葉を交わさなくても相手のことを色々わかっちゃう、
野球のキャッチボールもそうだけど、
ラリーは言葉より気持ちを伝える。
馴染みの2人ならなおさら。
わかりすぎてこじれたりするけれど、
軌道修正するのもまた卓球でする。
その表現の新しさと物語のシンプルさが絶妙なバランスなのが観てて飽きない。
打ち込み系のBGMもテンション上がる。

名言も飛び出した。
「アイキャンフライ!」
「この星の一等賞になりたいの卓球でオレは!」
「そこんとこよろしく!」
などなど笑。

2002年公開でも古さは感じない。
(染谷将太が子役で一瞬出てたあたりはかなり時代の流れ感じましたけど)
むしろこの頃すでに日本映画は盛り上がりを見せていた気がする。
まぁそれは私が主人公たちと同世代だからというのと、
日本映画にハマりだした頃だというのが大きいけれど。

あ、「ミックス。」もそのうちレビューしよう。
カホ

カホの感想・評価

4.0
心の中で三回唱え、ヒーロー見参、ヒーロー見参、ヒーロー見参…そーすりゃオイラがやってくる!

松塚洋介さんのペコっぽさったら...!
スポ根ってよりも爽やか系で、BGMもオシャレなのにこんなに心が熱くなるし、試合は鳥肌が立つ!


これでピンポンは原作、アニメ、映画制覇した!(映画と関係ないけど、ピンポンはアニメが1番好き)
mmio

mmioの感想・評価

4.0
ペコの成長記録。

原作読みたくなる作品。
漫画もアニメもいつかみようと思います!

メガネといえばの映画で、

「ピンポンのスマイル」

が多くの人から挙げられていて、
ずっと気になっていたこの作品。

そんな入り口から入ったけど、
強烈なキャラクターそれぞれに、
それぞれの卓球に対するおもいがあって、
主人公だけでなく、周りにも
スポットライトがあたることが
少なからずあるとこがいい。
きっと自分自身に近い登場人物がいて、
入り込めます。

アイキャンフラァァァアイ!
Ryo

Ryoの感想・評価

4.0
ロン毛万歳
れんと

れんとの感想・評価

3.8
マンガ、アニメ、実写すべてが成功したのってピンポンくらいじゃないのかな。
キャストも含め大好き。空気感がよく出てる。
スーパーカーの高揚感最強か。ストロボライトとか今聞いてもテンションマックスになるし。
卓球やりたくなる
>|