ピンポンの作品情報・感想・評価

ピンポン2002年製作の映画)

上映日:2002年07月20日

製作国:

上映時間:114分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ピンポン」に投稿された感想・評価

ポチ

ポチの感想・評価

3.0
昔見たなぁ……
面白いけど、漫画だなぁ~って感じ。
ダズ

ダズの感想・評価

3.8
ペコの意味不明過ぎる強烈なキャラクターを演じれるのは窪塚だけやなあとつくづく思う。狂気の桜もそうやし、IWGPもそうやし、GOもそうやし、本当にこの頃の窪塚って窪塚にしかやれんキャラクターを作り上げてるよね。クソみたいに憧れてました、かっこよすぎ。アイキャンフラーーーイ!!
amh

amhの感想・評価

3.0
アニメが面白かったので観ました。ストーリーの改変も少なく窪塚くんの演技もあって非常に面白かった。アニメのが好きだけど。漫画も読もうかな?
agata

agataの感想・評価

3.9
散切り頭でも隠せないイケメン。
卓球したい、テニスしたい、運動したい
koya

koyaの感想・評価

4.5
2002年当時、この映画が公開されたとき、勧めてくれたのは原作、松本大洋さんの漫画の大ファンで、この映画化の事を教えてくれました。

今では、宮藤官九郎脚本が一番先に出るのですが、当時はやはり原作、松本大洋。
曽根監督は当時新人監督で、ドラゴン役の中村獅童はまだ歌舞伎の世界では後ろ盾がいなくて不遇の時代、でもこの映画で新人賞をとり話題になります。

とにかく話はシンプルですが、キャラクターがそれぞれ立っていて素晴らしい映画です。

ペコが窪塚洋介。
スマイルがARATA(井浦新)
ドラゴンが中村獅童
チャイナが香港のサム・リー
アクマが大倉孝二

この5人がとてもはまり役でした。
原作漫画を作り手がとても大事にしているというのがわかる映画。
卓球のシーンは全てCGだそうで、リアルというよりまさに漫画のような世界。

それぞれの喋り方が独特でペコの窪塚洋介の予想不可能のカクカクした動き。
ラムネ飲んで「あつが、なついぜえーーーー!」

絶対笑わないからスマイルと呼ばれているARATAの無表情なぼそぼそとした喋り方。

チャイナは上海からとなっていますが言葉は香港、広東語で不敵な面構え。

ドラゴンは自分を追い詰めて追い詰めて、他人にも厳しいタイプ。

アクマは口ばっかりのようで、実は密かに才能がない努力だけじゃ勝てない苦しさを抱えていても虚勢を張ってしまう弱さを持つ。

ミロシュ・フォアマン監督の『アマデウス』は、若くて下品で貧しいけれど天才、才能あるモーツァルトと大人で苦労人で努力の人であっても天才にはなれない、という苦悩を抱えたサリエリが出てきますが、モーツァルトとサリエリをもっと細分化させたみたいです。

スポーツも練習して努力すればある程度は上に行けるのですが、さらに上に行こうとするにはセンスと生まれ持っての才能なんです。
ペコとスマイルは、違っているけれどそれぞれセンスと才能がある。

ドラゴンとアクマはどちらかというと努力型。

その中間がチャイナ、という配分が非常にうまいですね。

中国から来たチャイナこと孔を、外野が中国人!とはやし立てるとドラゴンが「彼を誹謗中傷することは絶対に許さん」と一喝。

一番印象に残ったのはアクマの台詞。
「負けない方法を教えてやろう。勝つことだよ。」

一番サリエリっぽいのは実はアクマを演じた大倉孝二だったのだなぁと改めて認識しました。

それぞれ役者さんが、存在感あってそれでいて違和感ない。
この世界が大好きです。
U

Uの感想・評価

4.0
配役も音楽も最高!
AKIRA

AKIRAの感想・評価

3.0
片瀬高校卓球部に所属する幼馴染のペコと月本。
才能の壁にぶつかり悩み立ち直るペコとコーチの付き添いの元で能力を上げていく月本の対象的な2人が、インターハイに向け努力する。
----------
王道ストーリーだった。
ペコは壁にぶつかり悩むが同じく壁にぶつかり挫折した佐久間やオババの支えによって立ち直る。
ただやっぱ高校生頃って部活外でがんばるとその活動は周りには見えてないから部活やってる人に見下され馬鹿にされるの嫌やったなぁ。
しろま

しろまの感想・評価

4.0
何回も見たくなる作品です
ろう

ろうの感想・評価

4.5
ペコを実写化するなら窪塚洋介しかいないなと思うくらいマッチしていたし逆にビジュアルは似ていないコーチ役を竹中直人もハマっていてキャスティングがまずすごく良かった。
お話も原作よろしくの王道系スポーツ漫画で素晴らしかった。また見たい
>|