ヒトラー 〜最期の12日間〜の作品情報・感想・評価

「ヒトラー 〜最期の12日間〜」に投稿された感想・評価

Ken

Kenの感想・評価

3.8
嘘字幕で一世を風靡したヒトラーもの。
本物はよく知らんけど似てるともっぱらの評判です
証言に基づいてやぶれかぶれのナチスが滅亡していく過程を丁寧に描いた傑作。
ヒトラーを人間として捉えた数少ない作品だそうです。
み

みの感想・評価

3.5
記録
Ayk

Aykの感想・評価

3.2
記録
junjun

junjunの感想・評価

2.5
ヒトラーとその周りを、どちらの立場にも立たず淡々と記している。だからこそ中立的な立場で見れた。
ichiMAS

ichiMASの感想・評価

3.6
ナチズム、ヒトラーの最期を知るためには避けられない作品の1つ

作品によってヒトラーの描かれた方は様々ですが、この作品では純粋な悪として描かれてはおらず、総統として、1人の人間として2つの顔を持つヒトラーを垣間見ることができます。

そしてこの作品で執拗に描かれ印象的なのは「自決」のシーンです。ヒトラーを信奉する将校、家族らの自決がさも当たり前かのように描かれてるのは狂気すら感じます。
しかし、これが彼らにとっての「当然」であり、「使命」であることに疑念の余地がないことに驚きます。

そこには戦争を通しての、人としての善悪を超越した何かを感じざるを得ません…

自分は死んだ人間のために自決するのは真っ平ごめん!ですが、
当時の枢軸国側であった日本の美徳感性と近いこともあり、それを体感、客観視するのにも言いかもしれません。

もちろん戦争は悪ですが、当時の人々のすべてが悪だったわけではなく、そういった面を知れる作品だと思います。
ずっと暗い
kota

kotaの感想・評価

3.0
色々考えさせられた。人間ってやっぱり自分の大事なものを守ることが最も大切で、その大切なものってのは、他人からは滑稽なくらい守るに値しないもののように見えることもあるのだなぁと思った。
>|