ヒトラー 〜最期の12日間〜の作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • ヒトラー 〜最期の12日間〜の作品情報・感想・評価

「ヒトラー 〜最期の12日間〜」に投稿された感想・評価

PIXY

PIXYの感想・評価

3.6
秘書のユンゲさんを中心に描かれた作品。
ベルリンがここまで攻めこまれてたら無理だし、親衛隊のヒムラーが保身に走った時点で駄目、最期は裸の王様だったのかな、それがヒトラー本人もわかってる作品にしたのが虚しい。
ゲッベルスの奥さん非情過ぎる思想だけで家族を道連れにするなんていろいろ間違っていた時代だということを実感した。
後に残った人たちのが大変なのに勇ましく死んでいった人たちの無責任さが悲しい現実。
hayato

hayatoの感想・評価

3.3
【ヒトラーの最後。彼が残したものは…】

★名台詞

ヒトラー『死ぬのは難しくない。ほんの一瞬だ。我が国民が試練に負けても、涙を流さん。それに値しないだろう。』

↑国民よりも自分の勝利のためにやったことだと、家族同然のシュペーアに語った言葉だが、その後の『さらば友よ。アウフヴィーダーゼン。』という言葉が沁みた。

《ストーリー》○
《演技》◎
《音楽》△
《展開》×
《笑い》×
《感動》○
《泣》△

★感想

歴史背景も分かって面白かったです!

ヒトラーの暗殺未遂の映画は何本も見ているが、ヒトラーの最後はどうなったかっていうのかは観たことなかったので、秘書目線から描かれたものを見れて良かった。

なんていうか観た後は、どんよりな感じだったが、登場人物の最後が分かって良かったって感じですね。

うーん、自分的にはよくMADに使われてるおっぱいぷるんぷるんシーンで何て総統が言ってたか判明したからスッキリした。笑

ヒトラー、ハインリヒ、シュタウフェンベルクと映画を見て来たが、今度はシュペーアについて映画を作って欲しいなぁと思った。あんなにヒトラーと親しかったし、偉大な人物だっただろう。

展開は何とか終わらせようと作った感じだったのだが、ゲッベルスの奥さんが行ったシーンはとても戦争の悲惨さを物語っているね。

ヒトラーの奥さんのエヴァは人前では心配かけないように明るく振舞っていたけど、とてもじゃないけど普通の精神じゃそんなことできないよな。

なんというか戦争の悲惨さを改めて学ばせて頂きました。
良作でした。
ya27

ya27の感想・評価

3.4
破滅的状態
軍内はめちゃめちゃ
かけらのまとまりもない
ヒトラーの指揮も通らない
ヒトラーへの不信しかない
ベルリンは離れない降伏はしない
殺されないで自殺する
亡骸も相手に渡さない
戦争はもはやプライドの塊

アドルフヒトラー

このレビューはネタバレを含みます

とても重苦しく、それが過去でありいまである。ナチスを内側から描いた。淡々と、淡々と。

おすすめするか?

しない。

観たことを後悔するか?

しない。

「目を見開いていれば、気づけたはず」
酔狂に歯車が回った時、僕はこの言葉を自分に問わなければならないと気付かされた。
reika

reikaの感想・評価

-
最後のインタビューに少しがっかり 思想って何?という感じ
naomi

naomiの感想・評価

3.6
それぞれの想いがありそれぞれの生き方がある。決断するのは自分。
shugie

shugieの感想・評価

3.9
ナチス。ドイツ。
終戦間際のヒトラーの周りの人たちの動きがとても丁寧に描かれていて、参考資料として、最高の作品。

戦争している間は誰か死ぬことを悲しんでいられない。

その人の人生を一発の銃で終わらせてしまう。

一人のカリスマが複数のカリスマを生み、それが国を支配する。
しかし、その当時のナチ国民は支配されているなんて、ひとつも感じていない。
支配とは恐ろしい。
無意識に頭の中が占領されている。

だから、気づかないふりをしてはいけない。
世の中にむけて、しっかり目を見開かなければ、、
HiroTsuz

HiroTsuzの感想・評価

4.0
(あらすじ)
ヒトラーの秘書だった女性のインタビューから始まる。ヒトラーのすぐ側で、戦況が移り変わるにつれてヒトラーを取り巻く人々の心が変わっていく様(忠誠心が変わらないものもいる)を描いている。秘書の女性は地下壕からの脱出に成功して助かる。

平常時のヒトラーはごく普通の優しい人間に描かれている。戦況が苦しくなるにつれて右手の麻痺がひどくなり、だんだんヒステリックになっていく様が描かれている。ヒトラーを追って自殺していった人々の命は本当にもったいないと思った。ドイツ人には、闘わずに生き残るということについて罪の意識はあまりないようだ。ナチの納める世界が最高だと信じていた人だけ未来に失望して自殺した。日本のようにレギールングが自決を強要したのではないようだ。最後、地下壕にのこったメンバーの間で死ぬまで戦うと多数決で決めたのに、降伏の報告を受けたらみんなあっさり諦めて降伏した。本当はみんな生き残りたかったんじゃ?と思った。子供の毒殺シーンがあったけれど、母親は一体どんな気持ちだったのか?平気な顔して毒を飲ませていたけれど、どうしようもないと腹をくくっていたのか?葛藤が微塵もかんじられなかった。


-ヒトラーの犬も毒を飲まされて死んだ。
-ヒトラーは自殺後に遺体が晒しものになることを恐れてガソリンで燃やさせた。
>|