ひゴル

チェイサーのひゴルのレビュー・感想・評価

チェイサー(2008年製作の映画)
4.8
ナホンジン監督恐るべし。この映画力ポンジュノに全く引けを取らない。デビュー作でこの面白さってなんだろう?正直自分の中ではそれまでは哀しき獣(ナ監督2作目)の方が好きだったが..今回の鑑賞(2回目)でどうやら私はこの監督まだ舐めてた。(すみませんでした!)というのも余りにも内容が絶望的で救いがなさ過ぎて評価しずらい訳だったが、この映画、追撃者(原題)は主人公の追撃の動機が変わっていく過程を見事なストーリテリングで見せてくれる傑作中の傑作である事に気付きました。全くだれることなく最後の最後まで緊張感を持続させるナ監督。3作目も楽しみ。