チェイサーの作品情報・感想・評価

「チェイサー」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

3.9
むせ返るような暴力描写の陰惨さは良く伝わって来る。血と汗の匂いがする。これは只者ではない……そう思って前のめりになって観てしまったのだけれど、展開に無理を感じる。幾らなんでもあの場面で気づかないはずがない。「そこを見逃すのかよ」「そこでまだ生きてるのかよ」とツッコミどころも感じないでもなかった。韓国での実話がベースらしいので、そのネタ元の事件を知っている人にはその警察側の無能ぶり(あるいは官僚的な組織の体質がもたらす堅苦しさ)が理解出来るのかもしれないけれど、暴力に頼り過ぎているので如何せん裏社会での主人公とデリヘル嬢との関係が説得力を以って描かれていない印象を受ける。何故彼女に主人公の元刑事が執着するのか? それをもう少し踏み込んで描けば傑作になったのではないかと惜しまれる。いや、その血縁関係を超えた愛情もまた韓国らしいと言われればそれまでなのだけれど……韓国に関するこちらの無知が浮き彫りになった形か。
金槌いかんです
弥太郎

弥太郎の感想・評価

4.0
このアジョシ、凶暴につき。

2004年韓国で実際に起きた猟奇殺人をベースに作られた作品。元刑事現デリヘル経営者のジュンホの元から女の子が次々に失踪していた。時同じくして連続猟奇殺人事件が勃発しているところから物語は始まる。

この手の映画は、日本で言うところの園子温監督や、白石監督が作りがちな最低、最悪で、飛び降り自殺上から見るか、下から見るかくらい救われないお話なんだけど、好きな人は好きですよね。
好きです。はい。

韓国の傑作映画はおじさんと子供の組み合わせ多いですね。
耳にしすぎて、アジョシが頭から離れません。
子役の演技も日本とじゃレベルが違いすぎます。
子役らしいあどけなさを持ちながらに、生意気さ、悲しさ、喜び、しっかり使い分けられている。
10歳そこらの演技とは思えないくらい自然に感情移入が出来る。

過度のジャニタレ起用、実写化横行ばかりが目立っている日本映画界。今だからこそ近しい韓国映画の傑作に触れることに価値がある。
きつね

きつねの感想・評価

3.8
自然にリアクションしてしまう、じっとして観てられないお話。
2017-147
子役がとにかく可愛いな。達者。
登場人物ほぼ全員クズかよ。バイオレンス&バイオレンス。
殺人鬼の表情腹立つー!
おしゃべりおばさん、いい加減にしろー!
警察使えねー!
うわーん面白かったよー!
ryostatham

ryostathamの感想・評価

3.8
警察が無能、、、
うーん、やっぱすげー韓国映画
みゆき

みゆきの感想・評価

3.9
怖い😱〜 でも面白い〜♪

最初から最後まで血みどろ。
ハ・ジョンウはもちろんキム・ユンソクもやり過ぎ。
金槌って日曜大工道具じゃなくて凶器だったんだ・・・^_^;
この映画観ていると「銃でパーンでお終い」という汗をかかない殺し方は手抜きじゃないかと思えてくる。
渾身の力でもって金槌を振り下ろす、全身全霊で蹴り倒す・・・
ハ・ジョンウは金槌で殺されるのは痛くないって言ってたけど、そんなわけないでしょ。

10年前のハ・ジョンウ♡
若くて可愛いじゃないですか!
20代のハ・ジョンウが普通の青春スターで韓流恋愛ドラマにバンバン出演していたら、それはそれで好きだったかもと想像してしまった。
giraffe

giraffeの感想・評価

3.8
正直そんな期待してなかったこの映画。
が、めっちゃ面白かったです。
割りと早めに犯人が捕まっちゃう。
ありゃ?どーなると思いきや、えぇー
そうきたかと…。まぁ、あの鍵の束ですからね。
怖いです。
>|