「チェイサー」に投稿された感想・評価

むせ返るような暴力描写の陰惨さは良く伝わって来る。血と汗の匂いがする。これは只者ではない……そう思って前のめりになって観てしまったのだけれど、展開に無理を感じる。幾らなんでもあの場面で気づかないはずがない。「そこを見逃すのかよ」「そこでまだ生きてるのかよ」とツッコミどころも感じないでもなかった。韓国での実話がベースらしいので、そのネタ元の事件を知っている人にはその警察側の無能ぶり(あるいは官僚的な組織の体質がもたらす堅苦しさ)が理解出来るのかもしれないけれど、暴力に頼り過ぎているので如何せん裏社会での主人公とデリヘル嬢との関係が説得力を以って描かれていない印象を受ける。何故彼女に主人公の元刑事が執着するのか? それをもう少し踏み込んで描けば傑作になったのではないかと惜しまれる。いや、その血縁関係を超えた愛情もまた韓国らしいと言われればそれまでなのだけれど……韓国に関するこちらの無知が浮き彫りになった形か。
凄かったな。相変わらず、韓国映画は
すごい。ゴア表現や暴力表現は他の作品に は劣るが殺人犯のキャラやどんどん追い込まれていく警察や主人公。
陰惨で生々しい部屋の感じとか
あのタイミングでの雨の演出とか
ハリウッドでのリメイクも期待してます。
次作の「哀しき獣」は主演の二人が逆転してるみたいで楽しみー
コクソンみたかったなぁ。
そんな映画。
いっつも思うけど韓国の街本当に走りづらそう
重厚感があり、とても恐怖を感じました。
リアルに思えるのはこれが実話という以外に役者陣の演技力ですかね。韓国サスペンスの秀作。
2003年から2004年に起こった実際の事件である「ソウル20人連続殺人事件」をベースに作られています。

ナ・ホンジン監督作品は「哀しき獣」でハマって、遡って2作目ですが、こちらもめちゃくちゃ良かった。

「哀しき獣」の方がより洗練されて、エンターテイメントに徹する部分は徹していて、映画としてはさらに飛躍した感じですね。
「チェイサー」は勢いで押し切った感じでした。

ナ・ホンジン監督のチェイサーに関するインタビューを読んだのですが、実際の事件をかなり調べつくして撮ったらしく、「ソウル20人連続殺人事件」犯人逮捕までの警察や公権力のシステムの問題を描き出そうとしたそうです。
そう言われれば、中盤の勘違いに次ぐ勘違いが続くドタバタしたコメディじみた茶番パートも理解できます。その後手後手に回った結果についても。

それにしても、元刑事でデリヘルの元締めをしている主人公、ジュンホを演じるキム・ユンソクと、連続殺人犯ヨンミンを演じるハ・ジョンウは「哀しき獣」でも主要な2人を演じていますが、スッゲー役作りで、全く別人に見えます。
ほんとすごい。

雑な部分も見受けられましたが、かなり面白かった!!満足です。

ところで子供は出前のバイクにひき逃げされたってことでいいのかな?

なんという熱量、、観る側のカロリー大消費必至。

ハ・ジョンウ演じる犯人が不気味すぎる。

かなり序盤から犯人であることが分かっているからこそ、もどかしく、悔しい。これが実話を元に作っているというのだからまた、、

韓国ノワールを観るたび思うが、いかに自国の警察や検事を信用していないか、作中で風刺が効いていて面白い。表現が大胆なんだよな。
これぞ韓国のサスペンス映画。
後味は悪いけど、面白い。
日本では決して作れないでしょう。
しかし、女の子の怪我の理由がわからない・・・。
めっちゃ怖かった。
犯人分かってるのに逮捕出来へん感じめっちゃもどかしいしハラハラする。

犯人が冷静すぎてほんまに怖い。ゾクってなる。

見終わって2日くらい引きずった。
>|