「チェイサー」に投稿された感想・レビュー

踊る猫
踊る猫の感想・レビュー
2017/03/19
3.9
むせ返るような暴力描写の陰惨さは良く伝わって来る。血と汗の匂いがする。これは只者ではない……そう思って前のめりになって観てしまったのだけれど、展開に無理を感じる。幾らなんでもあの場面で気づかないはずがない。「そこを見逃すのかよ」「そこでまだ生きてるのかよ」とツッコミどころも感じないでもなかった。韓国での実話がベースらしいので、そのネタ元の事件を知っている人にはその警察側の無能ぶり(あるいは官僚的な組織の体質がもたらす堅苦しさ)が理解出来るのかもしれないけれど、暴力に頼り過ぎているので如何せん裏社会での主人公とデリヘル嬢との関係が説得力を以って描かれていない印象を受ける。何故彼女に主人公の元刑事が執着するのか? それをもう少し踏み込んで描けば傑作になったのではないかと惜しまれる。いや、その血縁関係を超えた愛情もまた韓国らしいと言われればそれまでなのだけれど……韓国に関するこちらの無知が浮き彫りになった形か。
ショコラ
ショコラの感想・レビュー
6時間
4.2
一見、どこにでもいるような普通の青年が、殺人鬼に豹変する恐ろしさ。デリヘル嬢失踪事件に絡み、店の経営者というダークな一面を持つ元刑事の執念の追跡と、それをかわし、淡々と殺人を重ね続ける男が不気味。観客も息切れしそうな緊迫感に囚われる。救いようのない結末は韓国映画ならでは。
ohshima
ohshimaの感想・レビュー
6時間
4.0
韓国映画、粒ぞろいすぎるしシナリオは凡庸でも圧倒的に濃密かつ生々しいのでめっちゃ引き込まれてぶん殴られてしまう・・・
春千雅
春千雅の感想・レビュー
1日
3.6
暗くて生々しいホラー。
これが現実の事件を元にした話だと知って驚き。
事件の時から知っていたらもっと震えたかもしれない。
物語は被害者にも加害者にも感情移入するわけでなく、ただただ無情感。
誰も救われない現実に目を伏せたたくもなるけど、それがまたリアル。
物語の結末を楽しみに観る場合は消化不良かもしれない。でも私はこの終わり方、嫌いではなかった。

犯人は誰の目にも明らかなのになかなか逮捕できないもどかしさ、逮捕しても逮捕しても釈放になってしまう理不尽さ、怒りを暴力で訴えてしまう主人公の不器用さ。警察も人間味があって面白かった。躊躇ないくせにスマートじゃない殺し方、雨、路地裏、暴力、これぞ韓国映画という感じ。
saru
saruの感想・レビュー
1日
4.0
記録
つぼいあつし
つぼいあつしの感想・レビュー
1日
3.6
警察とオバハン腹立つわ〜
きょんくん
きょんくんの感想・レビュー
1日
4.0
コクソンを観て俄然ナホンジン監督作品気になったので鑑賞。

元刑事の現在デリヘルを営む主人公が客の元に行ったまま戻らない従業員を売り飛ばされた!
と思い犯人を突き止めるべく
怪しい客の元へスタッフの女を派遣して居所を掴もうとするが
事態は最悪の方向に廻りはじめる…

ナホンジン監督ですから
今回は覚悟して観ましたが
警察の空回り感に
真相に肉薄していながら辿り着けない所の緊張感
顔色ひとつ変えない犯人の殺戮描写のえげつなさ
情け容赦ない展開
まさしくナホンジン印…

やはり唯一無二です!

それとキリスト教ですね。
コクソンでもキリスト教は重要なファクターに思えました。
犯人を真相を読み解く手がかりというか。
スコセッシ監督の沈黙を観た時も思いましたが
特に信仰のない私には神への信仰に対する煩悶というのがわかるようでやはり理解できていない気がししています。

以下ネタバレ
























犯人が姉の子供にした事
被害者にしようとした事
あれってロボトミー手術?
自分を変えたかった?
自分が人形になりたかった?
自分の思い通りになる人形がほしかった?
自殺の許されない宗教で
部屋いっぱいにキリストの絵を描いた犯人。

遺された子どもの手をそっと握るラストシーンは主人公の寄る辺のなさが伺えてずっしり残ります。
びっきー
びっきーの感想・レビュー
1日
3.7
ジメジメしててクサイ。

ラストも割と好き。
>|