うたもす

ターミナルのうたもすのレビュー・感想・評価

ターミナル(2004年製作の映画)
4.2
ウキウキでニューヨークに来たのに祖国が崩壊して空港で足止めなんてかわいそう
しかも言葉が通じない中、頼れる人もおらず、空港の人も不親切…
でもそんな悲劇的な状況なのに主人公は前向きに行動してくれるので元気がもらえます
知恵と工夫を駆使して今できることを見つけ、行動する 
どんな状況下でも必要な精神を教えられました
金がなかったら稼ぐ、言葉がわからなかったら勉強する 単純だけど逞しいな
また演技と言葉遣いのおかげで余計に庇護欲がそそられます 
そうやって周りの人間を巻き込んでいき次第にみんなに愛されていく魅力があるんですよね
味方を増やしていく様子やその友情にあったかい気持ちになれたし、カタルシスもすごく大きく気持ちよかったです
そんな愛されキャラだからこそ暗くなりすぎずに笑いながら見れるんだろうな
主人公以外のキャラクターも個性的でストーリーもメリハリがあったので飽きずに見れましたし本当に面白かったです