片腕ファルコン

「超」怖い話A(アー) 闇の鴉の片腕ファルコンのレビュー・感想・評価

2.0
呪われたコンビニで様々な霊体験(?)が起こるという一風変わったJホラー。
お察しの通り、視聴者の心拍数は一瞬も乱れる事はありません。。

コンビニのオーナー夫婦は冒頭から狂っていて、主人公でもあるバイトの女子高生が邪悪な気に耐えながらも頑張って働きます。バイトの鏡だね!!

うまい具合にコンビニで買った金額が[666円]や[999円]になるとその客が変死するというムチャクチャな展開に。。

どうやらその土地の地縛霊がいるという事は分かったが結局どう収拾ついたのか不透明な作品でした。。

脇役ながら寺島進が抜群の存在感を出しているのと、まさかの鈴木亮平(当時20くらい?)が無残な死人役で登場してます。
そこの下積み時代を堪能する目的なら見る価値はあるでしょう。。