deenity

イントゥ・ザ・ワイルドのdeenityのレビュー・感想・評価

イントゥ・ザ・ワイルド(2007年製作の映画)
3.3
実話を元にしたロードムービー。自然の美しさが印象的。ショーン・ペンが監督ということが意外だったが、評価も高かったので2016年最初の映画に決めていた。

見終わると居ても立っても居られなくなる。旅に出たくなる。自由気ままな旅。究極の自由。アラスカの雄大な大地の中でただ生きる。素晴らしかった。
今の人間はどうしても社会に呑まれ、便利を求め、他人を批判し合ったり罵ったりしながら生きている。そういう有耶無耶した思いを取っ払って旅に出る。自然の中で、お金もなく、楽でないかもしれないが何とか生きていくことはできるのに。原点回帰ではないが、生きていく上で何が大切でどう生きていき、生きる幸せを感じるためにはどうしたらいいか。度々名言が飛び出しながら、それが見ている者に映像美と共に胸に突き刺さる。清々しいけど重々しくもある。いい映画だった。