ウォーリーの作品情報・感想・評価

「ウォーリー」に投稿された感想・評価

再鑑賞してやっと気付いたのだが、この映画は「2001年宇宙の旅」が大事なんだね!

見方によるが、これは新人類が再び旧人類として帰還する話、まさにスペースオデッセイ。と、とるならば、2001年の結びとして考えてもおもしろいと思う。劇中でモロ「ツァラトゥストラはかく語りき」が流れる場面があるが、そこでは本来「野生の猿が道具を手にした」なのだがこの作品の中では艦長が自分の足で立つ、つまり「人が生き物としての野生の活動を取り戻すシーン」という対比は素晴らしいオマージュの仕方だと思った。まぁ、オートの赤い目はまんまHAL9000すからな。

と、言うと、哲学的な話かと思いきや、それはあくまでも大枠のストーリー。この映画でフォーカスしているのは、ウォーリーとイヴのラブロマンスアドベンチャー。おまけに、序盤30分はほぼサイレント映画だから、ピクサーはやっぱり何枚もうわて。

ウォーリーとイヴという、完全にロボット奴のミニマルなラブロマンスかと思いきや、大規模アドベンチャーになって、それがうまくメインストーリーとして機能し、メインストーリーを畳んだ段階でようやくサブストーリーであるラブロマンスが結びを迎える構成は、自分的に大好き。

不良品ロボットたちが仲間になって反乱起こす感じは、普通の映画(登場キャラが人)だと普通なのに、ロボットととなると途端に面白いからズルい(褒

ずっと言われてきて完全に使い古された言葉だけど、やっぱり「子供から大人まで」は伊達じゃない、ピクサー最高
なお

なおの感想・評価

3.1
ウォーリーの一生懸命さが切ない。
ストーリーはシンプルで、でも程よい情報量はあり、バランスのいい作品だなぁと。
個人的にはロボットの気持ちに同調するのは難しいけど、客観的に良いなぁと思った。
en

enの感想・評価

3.0
記録
終

終の感想・評価

5.0
ディズニー映画の中でベイマックスと並ぶくらいに好き

ロボットなのに表情やアクション、声色で感情の豊かさが伝わるのがね…とにかく可愛い…
一喜一憂するウォーリーにそれをみて笑うイヴが本当に可愛い…
人が意思を見つけ奮い立つの最高にうおおおってなった!
エンディングでさえ可愛いからね、最高だね
ちぇ

ちぇの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

みんなにおススメされてたけど
なかなか機会なくて、やっと観た
もっと早く見れば観ればよかった
観て良かった
おデブちゃんな未来人は少し可愛い
わわわ

わわわの感想・評価

3.8
少ないセリフでこんなにも表現出来るのスゴイ!
最初わ何もない毎日を表現するのに、あまりパッとしないけどイヴ登場で徐々に上がっていく!
ウォーリーの空回りが可愛すぎる。
艦長もNICEキャラ!
人間皆んなあかん事なってる、あんな未来にならない為にも運動しましょお\(^o^)/
メッセージ性も強く、何度も観れちゃう心温まるオススメ作品!

私は生き残りたいんじゃない。生きたいんだ!
>|