ウォーリーの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「ウォーリー」に投稿された感想・評価

あきら

あきらの感想・評価

4.1
最初寝てしまった。終盤よかった
愛着わきまくり
Daisuke

Daisukeの感想・評価

3.0
あの、怠惰で太った未来人の姿は
我々人類の行く末を示唆する姿だ。
笑えないね。

おまけに付いていた短編アニメ
「バーニー」が一番笑える。
riri0262

riri0262の感想・評価

4.1
映画館で号泣。
ウォーリー優しすぎる
ううおぉぉぉぁりぃぃぃぃ
あな

あなの感想・評価

3.5
さすがディズニー×ピクサーが手掛けた作品。映像もストーリーも完成度が高い高い。
今作の凄いところは主人公がロボットだということ。まぁロボットが主人公のアニメーションは他にも色々あるが、今作のロボットは人語は一言喋れるのがやっとで、とても会話できる状態とは言えない。造形もいかにもロボットといった感じで、他のロボットアニメのモブにいそうな地味なもので、映画の主人公にしては特徴に欠ける。だから映画の前半はほとんど無声で描かれている。それなのに、ちょっとした動きや機会が奏でる音声だけでウォーリーの心情がちゃんとわかるんだから感心だ。しかも一つ一つの動作がとてもカワイイ!ずーっと応援したくなる。映画はこれで終わってしまったけど、彼がこれから幸せに暮らせることを切に願う。
ストーリーの後半は、腐敗した地球から宇宙唯一の人類が暮らす宇宙戦艦に。なんとここの人類は、移動式の椅子を使って生活していて、自分で起立することもままならない。だからみんな太っているし、全てロボットまかせだ。ここまで堕ちたか人類!ここまで人類を皮肉った描写があるのに、それをユーモアと巧みな映像技術で、ちゃんと子供向けアニメのスタンスを保っており、改めてディズニー×ピクサーの手際に感服した。そこから人類は、ある出来事をきっかけに地球に戻るため立ち上がるのだが、そこもまぁ映画作品のオマージュがあったりして面白かった。勿論ウォーリーと、ヒロインで同じくロボットのイヴァとのタッグのアクション活劇も見所だ。
最初から最後までワクワクドキドキの展開とウォーリーとイヴァ、その他諸々のキャラクターのピュアな思いに、久々に童心に返れた気がした。やっぱり一途が一番!良作!
未来の地球みたいな感じがした。
ストーリーは面白かった。