テイク・シェルターの作品情報・感想・評価・動画配信

「テイク・シェルター」に投稿された感想・評価

Yoshi

Yoshiの感想・評価

2.9
記録用
ペイン

ペインの感想・評価

3.5
昨夜レビューした『マーサ、あるいはマーシー・メイ』(※カンヌ映画祭若者の視点賞受賞作)同様に、カンヌ映画祭のサブ部門を受賞している本作『テイク・シェルター』(※カンヌ映画祭国際批評家連盟賞受賞作)。

公開時期も近いが、テイストもかなり似たものがある。

どちらも一見、よくありそうなアメリカ製ジャンル映画、スリラーの体を取りつつ、中身は確りと作家性の刻印された、言い方は悪いがだいぶ変な映画である。カンヌでグランプリを獲ったりする類いの作品ではないが、ユニークな作品。

ある時、主人公(マイケル・シャノン)は大災害の夢を見るようになり、まもなく地球規模の天災が起きると世界終焉の妄想に取りつかれ統合失調症になり、避難用のシェルターを作り始めるのだが…という話。

ディザスター映画の枠組みでやりたい放題作家性を爆発させる感じは、黒沢清や『台風クラブ』の相米慎二ぽさも感じる。また、同じくマイケル・シャノン主演で、カンヌ映画祭国際批評家連盟賞を受賞しているウィリアム・フリードキンの傑作『BUG/バグ』とも非常に似ていて、『BUG/バグ』は虫に寄生された男とその恋人が次第に精神に異常をきたしていくさまを描く。こうゆう神経症キャラを演じさせたマイケル・シャノンはピカイチ。

『ラビング』『MUD』、そして本作と観てきた監督のジェフ・ニコルズは、スピルバーグからの絶大な影響を公言していて、本作でもそれは感じ取れるが、予告を見る限り『ミッドナイト・スペシャル』が一番スピルバーグ節が炸裂してそうな雰囲気でこちらも是非観てみたい。
aaaayu

aaaayuの感想・評価

4.0
2021/4/5鑑賞
Mouki

Moukiの感想・評価

-
記録

なんか地味なんですけど観れてしまいます。
『ミッドナイトスペシャル』を観て漁ってみたのですが、とてもいい監督ですね。
でもなんか作品の傾向的にシャマランっぽいような気もするw
✎𓈒𓂂𓏸 記録
MidoriKato

MidoriKatoの感想・評価

4.7
何も相談せずに動いて、なんて自分勝手な人だ、怒、そして誰にも言えないなんて、なんて悲しいんだ、と思った。

扉開くのすごい応援した。
大丈夫だよがんばれ!ってすごい思った。
でもそれって私もはなから信じてなかったんだなー。🐶
信じるの難しい

備えあれば憂いなし

現実であれどうであれ、立ち向かっていくぜ!ということなのかな。
絶望とも希望あるラストともいえるのか。
すごい映画だ。

🌪
KO

KOの感想・評価

5.0
なんというか衝撃的だった。難しいけどそこが良かった。
2021/9/6 401本目
田舎の工事現場で働くカーティスは、優しい妻と耳の不自由な娘と幸せな日々を過ごしていた。しかしある日突然、恐ろしい大災害の悪夢にうなされるようになる。それを、実際に天変地異が起こる予兆と信じた彼は、避難用のシェルター作りに没頭していく。

主人公の顔の系統がジャック・ニコルソンだからか余計怖い
シェルター出る前の奥さんの顔に差す影がトラウマなる
描いているのはもちろん精神疾患患者なんだけど、夢や嵐といった妄想はまさに疾患を持つ人の心情そのものなんだろう、その上で「あなたが開けないと何も変わらないわ」感動したと思ったらこのオチ
まさか伝播した?
鬱展開すぎるぜ月曜に見るものじゃない
>|

あなたにおすすめの記事