ある結婚の風景の作品情報・感想・評価

ある結婚の風景1974年製作の映画)

SCENER UR ETT AKTENSKAP

上映日:1981年03月07日

製作国:

上映時間:293分

ジャンル:

3.9

「ある結婚の風景」に投稿された感想・評価

タニー

タニーの感想・評価

4.0
これ、テレビドラマだったんだ!
凄いなぁ。
今の日本で放送したら、ますます熟年離婚率がアップ・未婚率もアップしそう。

始めはかったるいなぁって思いながら観てたけど、一気に5時間最後まで観れた。

ちょっと日本人にはないぶっちゃけ過ぎな会話だったけど、なんとなぁ〜く気持ちはわかる。

30年も40年もそれ以上続いてる夫婦って謎だったけど、『愛』なんて『まぼろし〜』って割り切ってるんだろうなぁ、きっと。
あんまり考えて求めてしまうと離婚みたいな。
マリアンのお父さんが亡くなった後、お母さんの「別に寂しくない」って言葉が印象的。

新婚さんが観ると、夢も希望もなくなるお話。
chi24

chi24の感想・評価

-
セックスを取り引きする家庭生活…大変困る。
この2人は、孤独を受け入れて人と関わっていく…じゃ足りないと考えた感。気まぐれとユーモアで挑むょ
MegmiTanak

MegmiTanakの感想・評価

3.7
リヨン ・リュミエール映画祭にて。

一度でも結婚したことのある人には必ず分かるはず、夫婦という名の一生交わらない他人感。実際は崩壊しているにもかかわらず、それを他人の前ではもちろん、自分たち自身でも取り繕う妙な共犯感。解決できない大きな溝が浮き彫りになったときの絶望感。
夫婦なんてこんなもん。幸せいっぱいな結婚の風景なんて、幻想や理想に過ぎないのです。

それでも私が結婚を「悪いものではない」と断言したいのは、ふたりが築いてきた「絆」は本物で、心から愛おしいものだから。何物にも代えがたい。このことをベルイマンはこの映画のラストで改めて気付かせてくれた。
茶一郎

茶一郎の感想・評価

4.4
 交通渋滞を多発させ、デンマークの離婚率を増加させたという伝説の連続テレビドラマ。6つのエピソードによって構成される本作『ある結婚の風景』は、巨匠イングマール・ベイルマン監督による5時間弱の「夫婦喧嘩・小言耐久レース」です。

 「ビフォア三部作」、『ブルーバレンタイン』と並んでカップルでは絶対に観てはいけない作品でしょうか。
 冒頭の幸せそうに見える主人公夫婦の華々しいインタビューから一変、「ちょっと他所でやってくれますかね?」な他人の家で繰り広げられる夫婦喧嘩、そして残りの4時間はひたすらに夫婦の小言合戦・喧嘩風景を見せるという、ベルイマン後期における「日常という地獄」特に「家族の愛憎劇」を凝縮させたような地獄の一本です。

 この『ある結婚の風景』がとにかく異常なのは、基本的に1エピソードを1シチュエーションの会話で押し切るという「会話劇」を極めたようなその構成に尽きます。元々は演劇出身のベルイマンの自信がそうさせたのか、余りにもセット然とした舞台の反面、リアル過ぎる小言・喧嘩会話劇でずっと見せ切るなんて、常識のある作り手のする事とは思えない。にも関わらず、しっかりと面白いのがベルイマンの凄味なのですが。

 そもそも結婚に「愛」は必要あるのか。絨毯の下に隠していた問題事が、その表面に顔を出した瞬間に崩壊してしまう「結婚」という脆いシステム。
 地獄の「結婚あるある」を5時間ずっと見せられながらも、最後にはしっかりと人生の不確かさ・混沌と不安を肯定し、最終的にはその不確かな「愛」そのものを讃える。『ファニーとアレクサンデル』も同様ですが、最後には家族における曖昧な「愛」をしっかりと可視化し、その存在を少しでも証明してハッピーエンドとして締める姿勢は、地獄の長尺を見てくれた我々観客へのプレゼントのようで、そのベルイマンの策略に見事にハマった私は「この5時間耐えて良かったな」と思ってしまうのです。
おけい

おけいの感想・評価

3.5
過去の鑑賞記録
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.8
多数の名作を生み出した巨匠イングマール・ベルイマン監督の作品の中で、これが私の初めて観た作品という…。正直、彼の最後の作品「サラバンド」を観たいがために観ました。「サラバンド」は本作の続編らしい。

本作はドラマ仕立てに分けられていて、全6回。全部で6時間近くあったんだが、続きが気になりすぎて、あっという間に全部観た。一見幸せそうにみえた夫婦が、夫の浮気告白を皮切りに、愛の形や自分たち、また人生の在り方に至るまで傷つきながら学び悟っていく様子を丁寧に描いている。「愛とはなにか」は何度も繰り返される主題であり、夫婦のあり方、愛と性の関係、結婚ひいては人生に求めるものが何かなど、結婚に関わる多くの抽象的な疑問が、このひと組の夫婦の姿から改めて問われ、同時に彼らを通して一つの解答群が提示されている。

目新しいことが起こるわけではなく、撮影手法も至ってシンプル。本当に、一組の夫婦、そして彼・彼女それぞれの様子を淡々と撮っているのだが、とにかくベルイマン本人による脚本がすごい。驚くほど双方の気持ちや心の動き、想いが分かるのだが、その一方で、次の一言さえ、何を言うのかが見当もつかない。しかし、言われてみると、それを発した人物の想いの流れが、論理的なまでに明快に理解でき、ものすごく納得する。女側でも男側でも、それを一切台詞の無駄なく完璧に書ききっているところが本当に凄すぎる。すれ違う男心と女心、揺らぎやすく微妙な心情の在りようを、しかも双方分、よく表しきったもんだ。

ただもちろん、理解はできるが、それを人間として受け入れられるかは別だ。旦那側の想いは、後半特に反感を覚える。それは私が強い女性側の立場にいるからというのもあるのかもしれないが、自業自得で結果的に生み出した自分の境遇に自虐的に酔い、自己を省みず他人を責め、悲劇性を漂わせて哀れっぽくなっている旦那の姿には、正直同情も共感もできない。

この映画は、ある意味これまで私が観た、結婚を描いたどんな映画よりも現実に腰を落ち着けて冷静に結婚を見つめている映画だと思うが、同時に、実際の多くの夫婦は、ここまで結婚について深く難しく考えず、より気楽に問題を流して生活してるだろうなと思った。でないとやってられん。と、鑑賞当時未婚だった私は思ってた。実際そうでしょ。
これを見て何かを学ぼうと少し期待していたが、特に学ぶものもなかったし、前半はとにかく寝っぱなしで、それでも評価が高いから何かあるはず!という期待から最後まで鑑賞。

途中から愛人騒動になるあたりからは面白かったのだが、それでも、ゆらゆらゆらする夫婦の関係。

アッサリ別れたらいいのだが、そこは愛し合った者同士だから分かるアレやコレやの未練だったりで別れられない。

この映画が最近ではなく、かなり前に作られたのだから、やっぱり外国はすごいなと思う。

そうそう、学ぶものはあった。
やっぱり女性も一人で食っていけるだけの力は必要だな!ってこと。
Koh

Kohの感想・評価

-
みっともない…人間
ズギャビンツェフはこの映画に対応させる意図で、LOVELESS を撮ったらしい
良くも悪くも現代演劇のような映画。

人間の生活ってつくづく馬鹿馬鹿しいなと思う夫婦の模様を長々と描く作品で、元々テレビ放映されていたものということもあって叫びとささやきやファニーとアレクサンドルのように優美な映像が無いから物足りなさは勿論あるけど、リヴ・ウルマンとエルランド・ヨセフソンの演技を長回しでひたすら映し続けるカットが多かった点はベルイマンらしく、ほとんど演技力だけで魅せる夫婦役の名優二人の演技もまた見事だった。

でも数本のドラマを一つに纏めたものということで、一気に見るのには向いてないようにも思えた。
【5時間バージョン】
以前(2002年7月)に2時間48分バージョンを観たが、今度は5時間バージョンを鑑賞。
このバージョンは、テレビドラマ(50分番組)×6話をそのまま収録したもの。

全編を通じて、夫ユーハン(エルランド・ヨセフソン)と妻マリアン(リヴ・ウルマン)の二人ばかりが映る会話劇&(ほとんど)室内劇である。
時々、ビビ・アンデショーンや『ファニーとアレクサンデル』の司教役の俳優などがチラチラと出て来たりする。 夫婦の語らいを通じて「夫婦とは?」を描いており、素晴らしい作品であった。

◆第一部「無邪気さとパニック」…インタビューを受ける夫婦、ペーテル夫妻の夫婦喧嘩
◆第二部「じゅうたんの下を掃除する方法」…妊娠したマリアンだが堕胎など相談して…
◆第三部「ポーラ」…夫「好きな女(学生)が居る」、「明日パリへ発つ」、「4年前から別居考えていた」
◆第四部「涙の谷」…夫「クリーブランドの大学に客員として行く」、「ポーラとは行かない、もう離れたいんだ」という身勝手さ、だが妻にも愛人ができていた
◆第五部「無知な者たち」…夫の職場に離婚手続きで妻が来る、夫の妻への暴力など
◆第六部「夜中のサマーハウスで」…この物語を通じて珍しく屋外風景(ドライブ)などあって物語は終結へ向かう 

しかし、この映画、会話が多いので字幕を読むのが大変、長時間なので根気も必要である(笑)

それでも、非常に面白い作品であった。


【2時間42分バージョン】
ちょうど1年前に『ある結婚の風景<完全版>』(5時間バージョン)を観て、この劇場公開バージョン(初見2002年)を再び観たくて、廃盤DVD(2枚組)を購入、2時間42分バージョンを久しぶりに、またまた観てしまった(笑)

全編を通じて、夫ユーハン(エルランド・ヨセフソン)と妻マリアン(リヴ・ウルマン)のほとんど二人が映る会話劇&(何箇所か屋外シーンあるものの)ほとんどが室内劇。

5時間バージョンと比べると、2時間42分バージョンは、かなりの削除場面があるが、これは当然。
こちらの劇場初公開版でも、割と物語はわかる作りになっているのは、さすが。
>|