キヲ

素晴らしき哉、人生!のキヲのネタバレレビュー・内容・結末

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

大金を無くし絶望的な状況に追い込まれた主人公が、天使と出会い...みたいなあらすじ書かれてるけど、その展開はほんと終盤!w
そこにいくまでが長かった。って言ってもテンポもよくて内容も面白い!
白黒の古い作品だけど凄い見易い映画だった!
最初の間違えて劇薬売りそうになったのに気づいて抱き合うシーンからじわっときて。自分が存在しなかった場合の世界からの現実ってとこはファンタジーでもあって普通に楽しめて。
そしてラスト!よくあるようなハッピーエンドだとは思っても思わず泣いてしまうほど!
素晴らしき哉、人生!