Tysuke

素晴らしき哉、人生!のTysukeのレビュー・感想・評価

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)
4.5
もしかしたら、今まで観た作品で一番全体評価が高い作品だと思います。
アメリカでは、クリスマスシーズンになったら、今作を放送するほど、クリスマスと言えばという作品らしいですね。日本では、殆ど知られていないんじゃないでしょうか。悲しいです。

ジョージ、格好良すぎるぜ!偽善なんて一欠片もない誠実過ぎる行動の数々。自分の利益、幸せだけを考えない姿に感動を覚えました。

やはりメアリーというキャラクターに外れはいないですね!ちなみに、一番好きなメアリーは「アバウトタイム」のメアリーです!

天使が現れるのは、主人公が絶望の淵に立たされるラスト30分からなので、まだかまだかとかなり待っていました。
ようやく現れたぞ!と思えば、めっちゃ可愛いおじいちゃん(笑)
2級天使という面白設定まで(笑)
「ベルが鳴った時は、天使が翼を授かる時」なんて素敵な設定なんだろう。

そして、もう「素晴らしき哉、人生!」と叫びたくなるラスト!圧巻の終盤30分!愛が溢れるラストに久々にめっちゃ泣きました!
「1人の命はみんなの人生に影響される。その者が欠けると全てが変わる。」
この世に生まれてきた人間全員に、当てはまる台詞だと思います。

奇跡は努力をし続け、諦めない人に起こるもの!こうあるべきだと信じたいです。