ほ

素晴らしき哉、人生!のほのレビュー・感想・評価

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)
4.4
第3弾にしておそらく今年最後のクリスマス映画フェス

アメリカではこのジーンズに毎年放映され、大手批評サイトのクリスマス映画部門でも堂々の第1位、1度は観ておくべき名作にも必ずランクインしている本作!

これは絶対観て正解だと思います!
何せこの映画、70年も前の作品なのにも関わらず白黒さえも全く感じさせません。

大戦翌年に公開されているので、戦時中モードから早く復興できるよう国民を鼓舞する政治的背景もあるのでは?!と深読みしがちなわたしは考えてしまうのであります。が、いかにもアメリカな内容は文句無しです。

自分なんていない方がいい、と人生に嫌気がさしてしまった主人と彼を救おうと地上に派遣させる2級天使クラレンスおじいちゃん。おじいちゃんかわいすぎる!

人生において無意味な存在、経験なんてない。生きていることの素晴らしいを教えてくれる超名作。クリスマスシーズンに限らず辛い時に元気をもらえる作品です。

そして何やら2が2016年に公開されるとか?!今から待ち遠しい♪