しゃにむ

素晴らしき哉、人生!のしゃにむのレビュー・感想・評価

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)
5.0
「君の人生は素晴らしい」

<ハゲのいない世界>
〜今朝〜
(このレビューはノンフィクションです)
冬休みも最後だしちょうどいい映画がやっているというわけで映画館に行きました。

〜劇中(独り言)〜
哉!哉!哉!(゚∀゚)
哉!哉!哉!(゚o゚;;
哉!哉!哉!(つД`)
哉!哉!哉!( ˘ω˘ ) スヤァ...

〜お昼〜
紳士力53万を誇るぼくは当然携帯の電源をオフにしていたので電源を入れると大学でいつも連んでいる魑魅魍魎の類いの汚友達グループで何かしらやりとりがあった模様。

今日から学校よな ε-(´∀`; )
せやな〜だるいわ〜 (-∀-)
ハゲが見当たらへんぞ (゚∀゚)
正月ボケちゃうか ( ^ ^ )/□
草生える m9(^Д^)プギャー
糞生える m9(^Д^)プギャー
髪生える m9(^Д^)プギャー

新年早々やらかしました\(^o^)/オワタ
(今年もダイぶハードな年になる予感です)

ハゲのいない世界は平和のようです。
ハゲ(自分)がいなくても世界は回るのだ…という不貞腐れた考えを木っ端微塵にしてくれるダイナマイト級の超絶ポジティブ人生賛歌映画がコレです哉。本当はクリスマスに観るのが正解ですが自分的には正解でした。人間不信気味な自分もちょっと人生を肯定してみたくなるきっかけになる作品でした。

あらすじ↓
知らない人はいない(はずな)ので割愛。

・クソったれ哉、人生 ‼︎
→主人公のジョージは人望もありモテる申し分ないナイスガイですが彼の人生は苦難の連続でした。冬の日に川に落ちた弟を助けて左耳の聴覚を失います。世界を見て回る夢や、大学を出て建築家になる夢も家業の為に諦めざるを得なくなります。悪者H・ポッター(お辞儀をするのだ‼︎)の圧力で取り付け騒ぎが起こりせっかくの祝儀2000ドルも顧客の引出しに答えてたった2ドルしか残らない。事業が転覆して逮捕までされそうになったのも元はと言えば慌てん坊の叔父のせいです。ジョージは何も悪くないです。こういう善人が苦労する世の中って世知辛いです(´ι_` )

・もう一つの豊かさ
→ ジョージの場合ツラい人生だけどかけがえのないモノをたくさん得ていました。ジョージの人生は素晴らしい。豊かさは何もお金だけではない。愛情も豊かさなんですね。貧乏でも幸せそうな人はいます。きっと素敵な出会いに恵まれているからでしょう。

ぼくも豊かになりたいです。も少し思いやりのある友人と優しくて映画通な嫁さんがいたら豊かになれるかな…毛量も(´・ω・`)

余談
〜午後〜
背徳感とスリルを味わいながら惰眠を貪っていると汚友達グループのLINEに我が名が。

でもハゲがいないと困るよね┌(┌^o^)┐
困る困るマジ困るよ( ´Д`)y━・~~
ハゲがいないと始まらん(・∀・)ニヤニヤ


〜内心〜
あ〜意外と想ってくれてるんだ( ;∀;)


ノートはハゲ担当だし( ´艸`)
ランチの席取りもな(´ڡ` )
あとトランプ係もやでε-(´∀`; )


もう寝る( ˘ω˘ ) スヤァ...