コマ

素晴らしき哉、人生!のコマのレビュー・感想・評価

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)
5.0
世界中の涙を奪う涙腺粉砕作品!残り30分の怒涛の展開は必見!

映画作りのお手本になりそうなわかりやすいシーン構成も良かった。
人間関係の強さがわかるような立ち位置と高さの調節。優位な時は相手より位置が高く、不利な時は低い位置にして真上から証明を当てて不穏な空気が出るようにしている。
心情をわかりやすく表す証明の使いかたもよかった。初めの希望に満ちたジョージは常に360度光が当たって顔にほとんど影がないが、雲行きが怪しくなってくるとあえて顔に影を作るようになってきている。
伏線はなんども強調することで見た人みんなが意識できるようになっているので、ストーリーが進んでも話についていけなくなることがないところも良かった。


どうしてもうまくいかない時に見たくなる作品。日々の努力と最後まで決して諦めない不屈の精神は大切。