素晴らしき哉、人生!の作品情報・感想・評価

「素晴らしき哉、人生!」に投稿された感想・評価

kirito

kiritoの感想・評価

4.9
【素晴らしき哉、人生!】


ある所で、ベルが鳴りました・・・



・・・・・・・・・・

全私号泣。@映画館


こんなにも映画から【人の暖かさ】を感じたことはあっただろうか。


まだ観れてない?そんな人に捧ぎます。


まず、冒頭の星たち(天使たち)のお話から過去に遡るっていう仕様が斬新すぎて、もうここから映画の世界にのめり込めます。
☆お星様がピカピカ☆


最初は、主人公のジョージが自殺しようとしてるから、それを救いにいく天使(クラレンス)のために、上級天使たちがジョージについて逐一解説しはじめます。
(翼があると、いろいろ人のことがみえるらしい。)


このジョージがまた不運なやつなんです(๑•﹏•)
でも、映画の中でそう見えるだけで、世の中には彼より不運な人は沢山いるし、むしろ一般的な姿を描いているのかもしれません。
だから必然的に感情移入もしやすいです。
ジョージは私たちのいわば写し鏡というわけなんですね。


ネタバレになるので伏せますが、とにかく色んなことがうまくいかないジョージ。
そりゃこんな状態であるならば絶望する気持ちもよくわかります。


そして、雪の降る夜、ジョージはついに自殺を選ぶ。
(まさに、その時歴史が動く場面ですね。)


そこで、ジャジャーンと満を辞して登場するのは翼の生えてない2級天使のクラレンスさん。
こいつが普通のじいちゃんなんですが、なんともお茶目でかわいい(๑˃̵ᴗ˂̵)و。


確かに、前半が長いとの指摘がありますが、この天使がでてくるところから映画が本気だしてきます。

天使が舞い降りた理由はジョージが死ぬ前に
【ジョージがいない場合の世界】を体験させること。


一体それはどんな世界なのでしょうか?
結末は劇中で是非お確かめを!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【人は一人では生きてけない。そしていつの日も誰かのことを支えている】

今まで生きてきた分だけ、多くの出会いと別れがあった。
あなたのその一言がその行動が誰かの心を動かして、人生に変化を与えている。
それはいい意味かもしれないし悪い意味でかもしれない。


でも、一人として必要とされない人間なんかいないんだよ。
みんなに何かの使命があるんだよ。
世界があなたのことを待っているんだよ。

そんなことをこの映画は教えてくれました。

まさに、【THE名作】。


今更ですが、2016年の映画館スタートはこれから切ることができて本当によかったと思っています。
さあ、今年も頑張っていきましょうかね(*゚▽゚*)


〜おまけ〜

◆本レビューをもって、300本目となりました。ありがとうございます(^ ^)

いつも( ・∀・) イイネ!とコメントに支えながら次は何をみようかと考えております。


嬉しいことに、よく、この映画を観たほうが良いとオススメされますが、なかなか手が回っていない状況ですw
ですが、なんとか観ていこうと思っております!!


また、わが使命。
Filmarks的常識人!への道のりもなかなか長いですが、これからもボチボチと頑張っていこうと思います(○´―`)ゞ ポリポリ




さて、このアプリによって、誰かに支えられていることもまた事実。
私も誰かの支えになっていれば嬉しいことです(。-_-。)


【映画】から色々な事を学び、【映画】を通して人と繋がっていく。。。
それはネットを通してですが、見ず知らずの人達と。

当時、娯楽作品として存在したこの【映画】ですが、今は人を繋ぐツールとしても機能している。


時代が変わって映画は一般的に嗜まれるものではなりつつあります。
先日出た調査では1億2700万人中、1年間で映画を全く見ない人が8580万人なのだとか。


せっかく【映画が好き】だという事で繋がれた私達は、争いなく楽しく映画の感想を言っていきたいですよね。
レビューの書き方も色んな形があって、いいではないですか。


同じ【映画】なのに、人によって感じることが全く違うとはこれまた本当に不思議なことです。


【私達が映画を愛していく】


それこそが、後世に【映画】という文化を残していくことに繋がるのではないかと、私は思いました。


なんだか、とんでもスケールになりましたが、とにかく言いたいことはこれからも映画を楽しみたい!それだけです!
えへへ(〃⌒▽⌒)ゞ




【素晴らしき哉、映画】





ほら、またひとつ。
ここでもベルが鳴ったよ。

2016.1.8
(午前10時の映画祭にて)
もこ

もこの感想・評価

5.0
名作中の名作だ、と思いました
もえ

もえの感想・評価

4.3
白黒映画初めて見た!

でも全然飽きないし、スーパーハッピーエンドでよかった!

人生で大切なことって夢を叶えるより、周りの人と楽しく過ごすことなのかなって思った
Hana

Hanaの感想・評価

-
人は一人一人全員必要だなと思えた
積み立ててきた信用の大切さがわかった

翼をもらったことがわかって
やったな、クラレンスの
時のウインクが粋すぎた
さき

さきの感想・評価

3.5
アメリカああってかんじ。高校生のときに付き合ってたアメリカ帰国子女の元カレに勧められて見た
昭和21年製作の名作古典ファンタジー。クリスマス用。

ジョージ・ベイリー氏の半生を描く前半1時間は退屈だけど😅後半、失意のジョージの前に現れた2級天使のクラレンス。前半のジョージの半生が全て伏線なので、後半の伏線回収っぷりが心地よい✨

【好評ここまで。以下、酷評】

Fuck!キリスト教(プロテスタント)礼讃&布教プロパガンダ映画。古典ならでは、脚本も演者も素晴らしいけれど……だが、しかし日本人としては甚だ疑問。

キリストが生まれた日は企業も日本植民も、メリーなんちゃら、とか喜んで祝うくせに…釈迦が生まれた日は一切無視。…と言うか釈迦が生まれた日すら知らない日本人も多いのでは。呑気にヨソのショボい神(キリスト)の誕生祭りに浮かれている人がうらやましい。いつまで脱亜入欧なのさ?
※そんな事を言いはじめれば「安息日を『日曜日=休日』と定めたのもキリスト教由来だぜ」とか言う人も居るのでクリスマスをdisるの、ここまで。

▼2016年のデータによれば日本人経営者の自殺者は約4000人。その内、神や仏に祈って救われた人は皆無。皆、死にました。本作のジョージのようにクラレンスは現れなかったのです。

アメリカも日本ほど多くないですが若干、経営者の自殺者は居ます。経営逼迫して自殺したいけど、自殺を思い止まる人が居るのはアメリカが「家族」を大事にするお国柄だからでしょうか。日本人は家族を犠牲にしてでも会社や仕事を優先する国民性。
本作のジョージも8000ドルの紛失を生命保険で穴埋めしようと考えます。日本人も生命保険で穴埋めしようと、万が一(自殺)を考えて1億円位の保険に入っている経営者も多いですよねー。私(経営者)は入っていませんけど、兄(経営者)は1億円の保険をかけていて「いざ」と言う時に備えています😅

▼本作の8000ドルは、現在の価値では日本円で5000万円~6000万円位でしょうか。紛失した叔父さんのバカ~!叔父さんが死ねば良かったのに。
ネコババ・ポッターも逝ってヨシ。

▼天使について。
本作の天使は良い味ですねー。
手塚治虫の名作漫画「リボンの騎士」に登場するチンクを彷彿とさせますが、やっている事は「どーん」でお馴染みの喪黒福造と同じ。
よって…本作は「笑ウせぇるすまん」のクリスマス・バージョンとも言えます。
名作を卑下してスミマセンm(_ _)m
実際は、手塚治虫も藤子不二雄も、本作をオマージュしたのでしょうね。

▼本作より60年後に起きる、サブプライム問題を予見したような言動をポッター氏が言い放つ所も見所かも。経済界って、こう言う名作映画から何も学ばないのな。
『人生は素晴らしい!』と、最後に思ったのは一体いつだったろうか?

それを思い出させてくれる、なんて素晴らしい映画なんだろう、これぞ映画だ!!!という思いに駆られた。

シンプルながら物語として完成されていて、クリスマスに観るのにこれ以上の映画はないと断言できます。
評価が高い理由も、クリスマスに見たくなるというレビューが多い理由も納得!
幸せの定義を改めて考え直したくなる

やっぱりこの時代の服装おしゃれだし白黒の映像女優さんの美しさが際立つ気がして好き
古き映画。
フィルマークスを使いはじめて、始めて登録した作品。使い始めようと思った理由はふーふーでやすナスさんに教えてもらったから。
リコ

リコの感想・評価

4.7
当たり前のような毎日が愛おしくなる作品。
ずっと見れずにいたけれど、クリスマス前に見れてよかった。

主人公幼少期の薬屋のおじさんとのやり取りがとても泣けた。
あと最後のみんなが集まるシーンがとても良い。本当に心温まる。

間違いなく名作。
>|