素晴らしき哉、人生!の作品情報・感想・評価

「素晴らしき哉、人生!」に投稿された感想・評価

Mypage

Mypageの感想・評価

3.8
気持ち良いお話だった。
Y

Yの感想・評価

4.0
グッときた。古き良き映画って感じ。
こんな時代にも生まれてみたかったかも
ロッキーもそうだけど、基本を押さえてれば、映画は古くても新しくても関係なく面白く、人に感銘を与えると再確認。

ちゃんと生きてりゃ誰かは見てくれてるんや‼️
Pudding

Puddingの感想・評価

4.7
名作として認知していましたが、未見。久しぶりのモノクロ作品ということで、のんびり鑑賞。

30分辺りを過ぎた頃から、どこか不器用な主人公が他人に見えなくて徐々に感情移入。不運な環境に嫌気がさし「自分なんか生まれて来るんじゃなかった」と主人公。現れる見習い天使。

この終盤、自分の存在が消された世界、馴染みある知人・友人が変貌したもう一つな世界を疑似体験するのですが、シチューエーションがシチューエーションだけに恐怖を感じた。ホラーかと思った。

自分1人いないだけでこんなにも世界に影響が出てしまうのか...、そしてラストは無茶苦茶暖ったかい気分になりました。

映画としても完成度がとても高いし、人生賛歌、日々の生き方についても改めてさせられました。名作に異議なし!
ストーリーはありきたりかも知れないが、テンポが良くて心地よかったし、ラストは泣けました。

とにかくドナ・リードが美しい。

ポッターはどうなって行くのだろう?
なんて事を考えてはいけませんね。
本当に面白かった*\(^o^)/*ラストシーンは最高。情けは人の為ならず。

人に優しくしたらその分自分が困った時に助けてもらえるのかも、
ゆう

ゆうの感想・評価

4.8
義をもって人のためとなることを行えば、すべて自分に返ってくる。
情けは人のためならず。を描いた映画。

ジョージの生き様からは、自分の損得ではなく、人のためということを第一に考えて生きることの大切さが伺える。

それが自分の人生を「素晴らしき哉、人生」と言えるものにするのだ。
Hikaru

Hikaruの感想・評価

4.9
天使の話、なんか懐かしさを感じた
天使が出てきてからのストーリーが本当に素敵
人生のベストムービー
nattyan9

nattyan9の感想・評価

4.5
『素晴らしき哉、人生』 ★★★★☆
 
ええええ、
カラー化されてる、って言っといて
くれないとー!!
めちゃめちゃ、面白いじゃん。
(何でも、アメリカでは、
毎年クリスマスに放送されてるらしい)
(日本で言う「ラピュタ」?)
 
軽快な入りが素晴らしい。
(※ イメージ。正確ではありません)
先輩天使と後輩天使がいて。
 
先輩「何でおまえは、
   人間の心が透視できないんだ」
後輩「まだ、IQが低いので」
先輩「いやいや、天使にIQとかないから。
   まあいい。死にかけてる人間が
   いるから、救いに行きなさい」
後輩「じゃあ、ちょっと、
   外出着に着替えてきます。
先輩「早く行けよ!」
後輩「いや、200年も翼なしじゃ、
   格好悪くて」
 
しかも、この後輩天使が、
おじいちゃん。
しかも、めちゃくちゃかわいい。
下界に下りても、
全然、信じてもらえないしw
あげくに、
警官に捕まって、
「助けて、ヨセフー!」ってw
 
で、救いに行く人間を知るために
過去を覗いてみよう、
って話が始まるんだけど・・・
 
ここからは、ある種、
ネタバレになるので、
言えない。
「カメ止め」。
伏線の嵐。
 
 
ps.
タイトルのセリフは、
主人公のセリフじゃなくて、
天使のセリフっていうのが、
いいなぁ、と思った。
 
まぁ、名作。
名言の嵐。
 
「1つの命は、
 多くの命に関わっている」
 
もう、中島みゆきの「糸」の
モチーフは、
これなんじゃないか、
っていう出来。
 
あと、
地味にクラシック映画を見ると、
なんて現代の人間は、
荒んでしまったんだ
と愕然とする。
 
純朴さに心打たれる。 
>|