素晴らしき哉、人生!の作品情報・感想・評価

「素晴らしき哉、人生!」に投稿された感想・評価

Lisa

Lisaの感想・評価

4.0
レディ・プレイヤー1の参考に、ぐらいのつもりがめちゃめちゃ泣いてもうた…。これが毎年クリスマスに放送されるアメリカとても羨ましい。

序盤で聞こえなくなっちゃうジョージの耳の扱いが上手。。聴覚障害が原因ですごく不幸なことに巻き込まれたりするのかと思ったんだけど、そうではない。弟を助けたあの日を、鑑賞者に忘れさせないためのさり気ない要素としてでしかない。でもそのおかげで、終盤のファンタジーシーンで弟の墓が出てきても、記憶をスムーズに初めのシーンに戻すことができた。
何度か出てくる相手に言われた事をジョージが聞き返すくだりもイイ。聴覚障害を不幸なイメージじゃなくて、あくまでお茶目に扱ってる。おかげで兵役も免除されてるし。特にイイ耳エピソードは、メアリーがジョージの聞こえない方の耳に向かって「大好きよ。」と囁くシーン。最高にも程があるって感じで、可愛すぎて何回も観た。

あと、階段の手すりの丸の部分が取れてキレるやつ何回やるんだよ笑って思って笑った。そして最後だけ取れた時に笑ってるの観て泣いた。あれはズルいよ。
栄光も後悔も挫折も…すべては今に繋がっている。幸せになるために。
− 友ある者は 敗残者ではない −
家族や友人達がとても愛おしくなる魔法の映画だ。
kay

kayの感想・評価

5.0
映画らしい映画。
幸せらしい幸せ。
奇跡らしい奇跡。

出会えて嬉しかった作品です。
やっぱ脚本ってすごい。1番大事。2人でひとつの電話を使って感情が抑えきれなくなるあのシーン。名シーンですわ。
まりも

まりもの感想・評価

3.5
それほどでもなかった。
movmama

movmamaの感想・評価

5.0
素晴らしい作品。映画だものって映画ですからこれでなきゃ✨
うぃん

うぃんの感想・評価

5.0
一番好きな映画。
何度も見てます。
sallyla

sallylaの感想・評価

4.0
小学生の頃、好きだったボーイバンドのメンバーがお気に入りの映画と聞いて購入。非常にアメリカ的であり、クリスマスを感じさせる作品。精神的な部分においては、大人になったら私もこうなれるのだろうか、と少しの憧れを抱いた作品。
wakio

wakioの感想・評価

4.0
やさしさの化身のような作品。
人生辛いことはたくさんあるけれど、逃げ出す前にこの作品を見て立ち止まってみるのも良いかもしれない。
映画なので綺麗事に見える気もするが、実は意外にもこの映画のとおり、自分の存在が周囲に良い影響を与えてきた場面は少なくないのではと考えたりもします。
挫けそうになったときにオススメの作品です。少し元気になれます。
Tak

Takの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

自分を殺し、周囲の人々のために尽くしてきた男が、人生最大のピンチをこれまで助けた人々によって救われる。

「友あるものは敗残者ではない」

名作だと思うが、自分に照らして考えると少し複雑。
単調な自宅と職場との往復。友と呼べる人はいるか?
>|