しゃにむ

エイリアンVS. プレデターのしゃにむのレビュー・感想・評価

エイリアンVS. プレデター(2004年製作の映画)
3.0
「よそでやれ」(サイバトロン司令官 談)

<異星人の日>
今日は成人の日ですね。年後の弟にネクタイの結び方をレクチャーしました。浪人したせいで大学の悪友連中と一年ズレて先に成人式を迎えたのが残念。前日にエチルアルコールをしたたかに摂取し寝過ごし結局出席しなかったことはここだけの話です(゚∀゚)

地球式成人式は穏やかです。宇宙式ははるかに厳しいです。スパルタ式なんて甘い。プレデター式だとエイリアンくらい独りで狩れないと一人前になれません。織田裕二式に地球に生まれた喜びを噛み締めます(感涙)

あらすじ↓
南極の地下深くに謎のピラミッドを発見したウェイランド社は余命わずかな社長のエゴでピラミッド発掘に乗り出すも実はピラミッドはプレデターの成人式会場だった…

・歴史の話
→エイリアンはこれよりずっと未来の話だからまだ地球には持ち込まれてないはず。プレデターは以前にシュワ氏とガチンコ異種族格闘技戦をしているので地球に来てる…?

→ところがどっこい(CV 浪川大輔)
後付け設定の万能なこと…80年代にシュワ氏と遭遇する以前にプレデターは地球に来ていたんです!くぅ〜!(CV 川平慈英)

<ハゲと学ぶ秘密の古代史>
紀元前
異性から来た空船が地球に舞い降りる。

プレ様「お前らにハイテク技術教えたるww代わりに今日からお前ら奴隷なww」
人間「マジっすかww」

プレ様「ひと狩り行こうぜwwあwwお前らエサなw」
人間「マジっすかww」

プレ様「ヤベww獲物が増えすぎたww悪いけどw文明ごと吹き飛ばすわwwあでゅww」
人間「マジっすかww」

文明が一夜にして滅ぶ(イイハナシダナ)

・主役は宇宙人
→今作の主役はプレデターです。人間なんて脇役以下の扱い笑 個人的にはエイリアンが好きなのですがエイリアンは1以外はあまり美学を感じないので今作はプレ様の活躍に心躍らせていました。武士道や騎士道に通ずる戦いの美学を持つ戦士という感じが好感。やみくもに暴れるハゲは見習うべきです(゚∀゚)

・女王様のおな〜◯い〜
→ クイーンエイリアンは冷凍保存したら何千年も鮮度が保たれるようです。電気でビリビリ無理に産ませるシチュはイイですね…

・ロッキー用ミートバック
→ 例によってプレ様は狩った人間の皮を剥いで逆さ吊りにします。食べるわけでもないならロッキーにあげたら喜ばれますよ。

・かぎ爪の耐久性
→ プレ様の愛用するシュインと音のするかぎ爪はカッコいいですけどエイリアンを切ると酸で溶けちまいます。さらに返り血も危ないから…使い勝手が良くないのでは…(゚∀゚)

・ジェスチャーは銀河共通
→ プレ様と共闘するようになった女性とプレ様の意思疎通はジェスチャーです。ひ弱な彼女のためにエイリアンの死体を利用して最強の盾と矛を作ってやるシーンが癒し。エイリアンの透明フードの盾と尻尾をつけた簡易槍は見かけはダサいけどダサいって言ったらマズい状況ですね。確かエイリアンの首を刺激して隠しアゴが出させて女性をびっくりさせるお茶目なシーンもあるとか(ニヤリ)

交流してもフィルマークスの面々の実年齢が把握できません(苦笑)今年成人式を迎える方はおめでとうございます。自分は異星人式に出る手立てを考えることにします…あ…でも…エサとして出席するのは嫌です(゚∀゚)