Ryoko

インファナル・アフェアのRyokoのレビュー・感想・評価

インファナル・アフェア(2002年製作の映画)
4.5
やっと本家を鑑賞。スコセッシ監督の「ディパーテッド」も公開当時はかなり面白いと感じたのですが、やはり本家の方が上だと感じました。リメイク版よりもこちらを先に見るべきでした。
潜入もののお手本ような映画です。
ストーリーに無駄がなく、役者の演技もくどさがなくスマート。
予想していたよりもスッキリしていたなという印象だけど、登場人物が心情を吐露しすぎるようなこともなく、無駄なラブシーンなどがなかったのも良かった。

話の展開はわかっていたものの、あの落下シーンやエレベーターのシーンはやっぱり衝撃でした。
悪に潜入しながら警官としての誇りを失わないチャンと、警察に潜入し善か悪か揺れ動くラウ。
トニー レオンとアンディ ラウがとにかくかっこよすぎる!
香港の映画はあまり見たことがないけれど、絵になる街並みだなぁ。