マルメラ

ボディガードのマルメラのレビュー・感想・評価

ボディガード(1992年製作の映画)
3.2

午後ローで鑑賞。

名作と言われてるらしいが、そこまでか?というのが正直な感想。

とりあえず、レーガンを救えなかったシークレットサービスという設定の多さにツボ。
日本だと殺すよりも早く総理が変わりますので守る必要無し。

寡黙なシークレットサービスとスターの恋愛映画なんですが。
まぁ、うーん。

犯人の行動に論理の破綻が。
①ボートに爆弾仕掛けるなら、ある程度巻きぞえは構わないという発想だと推測。
ならば、何故家そのものに爆弾を仕掛けない⁇
冬の寒い時期にボートに乗る確率は低いだろ!

②犯人には彼女を殺すタイミングが何度もあったはずですが?
まぁ、ステージの一番輝いているところで!
みたいな納得ができなくもないが。
隠れ家に殺しに来とるやん。故にここも論理の破綻。
とすれば、バーでさっさと殺しとけ。

まぁ重箱の隅をつついても仕方の無い映画だとは思いますが。
製作者側は、あの犯人の意外性は強調したかったはず。
なら、犯人の論理の矛盾は明らかにミス。

ストーリーもまぁ身分違いの恋ものと言えば、名作「ローマの休日」がありますし。
いかんせん、この映画が名作たる理由がわからない。
ホイットニー・ヒューストンの歌は確かに良いけれど、それと映画の出来が一色単にされている気がする。

例えるなら「アルマゲドン」かな。
歌は良いけど、中身はさほど。
だって、宇宙で炎がメラメラ燃えてるんですよ!!
ありえないでしょ!空気どこ!!
でも、あの映画のブシェミは好き。
そして、スターウォーズの恩恵でJJの悪口は言いたくないので、もう言いません。
JJありがとう。

関係ない話になりました。

とりあえず、歌を噛み締めたいならオススメです。

ちなみに、マイベストボディーガードものは「マイ ボディーガード」です。
デンゼル最高!!!ダコタ可愛い!!!
ロリコンではありませんが。