岡田ゴズリング

永遠の戦場の岡田ゴズリングのレビュー・感想・評価

永遠の戦場(1936年製作の映画)
4.0
映画の展開力が素晴らしい一本。
親子関係、男女の痴情のもつれ、それら横軸を、小道具、戦線の変化、そしてユニークなモブキャラ達が縦線となって繋いでいく。
ディティールとして面白かったのは、塹壕のさらに下から聞こえてくる音に関するエピソード。こういう他にはない印象なのこるエピソードがきちんと入っているのも、傑作の条件だと思う。