リリイ・シュシュのすべての作品情報・感想・評価

「リリイ・シュシュのすべて」に投稿された感想・評価

序盤★3.5 中盤★2 終盤★3

まあ岩井版『エヴァ』ですよね。

序盤に想った、こういうクソガキどもには虫唾が走るけど我慢して観るか…。
思春期の陰の部分、繊細で脆く闇を抱えた
このクソ中坊たちがどう不器用ながらも真っ当に変わって行くのか…?

その期待も虚しく、終始クソガキどもは更生する素振りもなく行動がエスカレートして陰湿になる。
別に鬱屈としたものは嫌いではないので、
ここまでするならもっと『救いのない』展開を期待し、
まあそこそこええ感じに暗く闇に病むような展開で、
琴線に触れる面もあれば、
嫌悪感しか抱かない面もあり、
世界観は好きなだけに非常に惜しい作品。

15年以上前の作品なんで、
オラオラ系演技のイメージしかない市原隼人さんが危うい14歳の主人公を見事に演じ、
まだあどけなさが残る蒼井優ちゃんや高橋一生さんとかも出てきて驚いた。

2017年285本目
りー

りーの感想・評価

4.0
もう一度見たくなる作品
音楽が綺麗
ひたすらに鬱
田園風景の真ん中に人物、という映像にその孤独さ、どこにも至らなさ、不毛さが既に想起される。過剰なまでの光、反対に夜には感光度の低い映像、歪んだカメラワーク、手ブレ感などが思春期の主観による過剰さを演出していると共に、不似合いなまでに透明感のある音楽が、直に視聴しつづけるにはきつい出口のない、不毛で、何もかもがテンプレで、ほかにすることもないような、自意識だけ露出したような貧しい世界を、かろうじて映画として支えているのだと思う。

そうした私性と同時に地方のその年代に確かに存在していた空気の摘出は、いま観ると貴重な記録としても観れるものとなっていた(しかしこんなのよく撮ったね)。
映像が一々リアルで自然で美しい
fumi

fumiの感想・評価

3.5
好き。もう1回見たい。
時系列がよくわからなかったり
登場人物の見分けがつかなかったりで物語がどう進んでるか分からなかった。
ただ途中らへんから分かってきて、高橋一生若いー!とか蒼井優若いー!とかそんなことばっかりに気がいった
さるま

さるまの感想・評価

3.7
中学生のとき見なくてよかった
>|