リリイ・シュシュのすべての作品情報・感想・評価

「リリイ・シュシュのすべて」に投稿された感想・評価

観てる人沢山いる映画ですし、ネタバレしながら感想書きますってかネタバレしながらじゃないと感想書けない映画なので。
観る前はジャケの印象からなんとなく爽やか〜な青春映画だと思ってました。が、かなり胸糞悪くキツい2時間半でした。イジメのシーンだったり、女の子がレイプされてるシーンってめちゃめちゃ苦手なんですよ。強烈にリアリティがあるじゃないですかこの映画。特に久野さんのところなんて観てられなかったですよ。
久しぶりにこれだけぶっ殺したい奴が沢山出てくる映画を観たような気がしますね。まず筆頭は星野君ですよ!グレてしまった背景を十分に理解した上で、彼のやっている事は1ミリも肯定出来ないし、絶対に許せないですね。オメェCD割ってんじゃねぇよ!チケット返せよこの野郎!!すみませんつい感情的になってしまいました。
星野君以外にも周りのクソヤンキーに合唱真面目にやらねぇクソ女全員許せねぇ!ぶっ殺すぞ!と思いましたね。あ、口悪くてすみません。
この映画の意地悪なところはまず冒頭で蓮見君が星野君グループにイジメられているというところを見せた上で、過去にシーンを移して、蓮見君と星野君たちが仲よかった頃を見せるっちゅうまぁヤラシイですね!楽しいはずの沖縄旅行のくだりも悲惨な今後を考えると全く楽しめませんね!
そんな胸糞な映画をなぜ私が最後まで観れたかという蒼井優ちゃん演じる津田さんのおかげなんですよ!星野のクソ野郎にウリをやらされていても気丈に振る舞う津田さんが私の唯一の救いでしたよ。この津田さんがめちゃめちゃ可愛くて、この映画の中の光の様な存在ですよ!そんな彼女が自殺してしまうシーンで完璧に私の心は折れてしまい同時におい!蓮見何やってんだよ!彼女の最後のサインをなんで読み取れねぇんだよ!!と憤怒が湧き起こりましたね。津田さんを救えたのは正義感溢れる佐々木君ではなく、蓮見君ただ1人だったんですよ!おまっ、お前が何とかしていれば津田さんはな、自殺しなくて済んだかもしれないんだぞ!!と蓮見君を猛烈に責め立てたくなりましたよ!蓮見君に関しては久野さんの件もありますし、彼には言いたい事が山ほどありますが、そもそも星野!オメェが悪ぃんだろうが!おいこっち来いよ!星野!!すみませんまた取り乱してしまいました。
しかしやはり許せないのは星野君ですよ。彼は最終的に蓮見君によって殺されてしまう訳ですが、ここでも私は星野君を許せませんね。蓮見君は大好きなリリイを自らの手で汚してしまう!コレも星野君がそう仕向けたと言ってもオーバーではない!と私は思います。あまりにも蓮見君が不憫でなりません。
蓮見君、津田さん、星野君と、全く性格も状況も違う3人が1人のリリイというミュージシャンが好きという点はまさに音楽の素晴らしさを表していて、すごく好きなところです。音楽は万国共通!誰にだって届くモノなんです!
すぐにはもう一回観ようとは思えませんが、一日くらい空けてまた観ようとなぜか思ってしまうんですよ!あんなに胸糞悪かったのにね!結局好きなんですよこの映画!そして最後に言いたいのはこれですね!稲森いずみさん!めちゃめちゃ可愛いいい!!!!!
沖内

沖内の感想・評価

3.0
それぞれ抱えてる欠陥は全てリリイシュシュに吸収されていくけど、みんな絶対癒えないんだろうなァ・・ と思ッた。
暴力表現が生々しいけど「ザ・はっぴぃえんど」のお話よりもズブズブ残る疲労感は忘れちゃいけないもんだ・・と思ッた。

市原隼人の若かりし頃美少年すぎでは?(ᵔᴥᵔ)良かッた・・そしてめちゃ長く感じるくらいには日常がリアル
はい

はいの感想・評価

-
美少女の蒼井優
もとも

もともの感想・評価

3.9
ずるすぎた。
後味最悪、吐き気さえ覚える救いのなさ。
なのになぜか感じるなんとも言えないこの感情…。言葉が見つかりません。

二度と見たくないけど、出会えてよかった映画です。

ハッピーな部分は一切ないのでメンタルに自信あるときだけ見ることをお勧めします。

この監督…リップヴァンの時も思ったけど…なんかずるいなー!
人間の難しい部分を表現してるなー。
だから言葉にできない。

今活躍する役者さんの若き姿がみれるので、それだけはお宝映像だといえることは間違いなし!蒼井優可愛すぎる。
のだみ

のだみの感想・評価

4.0
過去鑑賞記録

好きなアーティストChouchou(シュシュ)を検索する度にこの映画が引っかかり、ひかれるように観た記憶あり。
kuu

kuuの感想・評価

4.0
絵画、音楽、そして、写真とか芸術と同じく、映画は、人の心を何らの形で動かす。
人は、己の今立ってる場所で、どないな風に心を揺れ動かされたいんか、
どんな心理状態を味わい、どういう風に心を揺れ動かされんのが好みなんか、
それによって、どないな映画が心に残るような強い印象を与えるか違ってくる。
せやし、
この『リリーィ・シュシュのすべて』が退屈な映画やと思ったなら、
この映画の意図 ・ 志向、そして、
目指す方向が観る人の触れ味わいたい心理状態の望みに合ってへんって事やと思う。
この映画ってのは、どないな方が観て心が大きく揺れ動くんやろか。
自分は、毎日、人と人との関係や、はたまた、ヘドロみたいなドロドロした人の心に反吐が出そうになってる。
メデタシ・メデタシで終わる映画で一時的に幸福を感じても、
また、直ぐに反吐が出そうな現実に影響されてしまい、映画をみた後の幸福は直ぐに飛んでってしまう。
そんな自分が、かなり暗いストーリーに怒りとか色んな負の感情を迎え入れつつも、
作品全体を駆け巡る音楽と、独特な描写にかなり酔えた。
負の感情をファンタスティックな雰囲気の中に溶け込ませれた。
日々、鬱々と考えてる自分にはかなりフィットした作品やった。
まぁ、自分を含め、心傷気味の方を上手に酔わせてくれる、ドラッグまではいかないまでも、
アルコールみたいな映画ちゃうかなぁ。
明るいハッピーの終わり方する映画が好みな方にはオススメできないすね。
末法の世でも、各々が心の中では、何か大切にしているモンがある。
それを尊重できさえすれば、
この世界は、何か変わんのかも知れへん。
この映画の沈痛にラリった事やし、
まぁ多少の夢や希望も感じたいモンです。
飲み込まれる人
立ち向かう人
強さや弱さ。生きるか死ぬか。
壮大さを感じることもあればひとりの心情にフォーカスされた部分もあって
とても混沌としながらも美しい。
ルールやマニュアルじゃなく感覚的なシーンで、変にフィルターを通さず心に浸透してくる。
重たいんだろうけど、あまり重くは感じなくて。
台詞もあんまり覚えてないです。
希望もない
愛もない
報われない
そして救われない
軽い気持ちで観たけどすごいショックを受けました。久しぶりに心にドスンと重い何かが落ちた。
さて前半部分はバラ色人生編で観ていてなんか中学時代の青さとかノリとか色々笑えてくる。笑えないこともしてるんだけどね。BGMがまたノスタルジックででもどことなく不穏な感じが心地よかったりしてました。
後半部分から心に総攻撃をかけてくる。
レイプシーンでもしかしたら助かるんじゃないか→助かりませんでした
星野に言いようにされてる女の子はどこかで救われるんじゃないか→救われませんでした
主人公は青猫と出会ってなにか好転するんじゃないか→最悪でした
自分が良い方向に期待するものすべて裏切ってくる。とんでもなく救われてない。星野君殺したけどこの報いもまったくスッキリしない。しかも殺したことにより自身の敬愛していたリリィの聖域を汚す結果となり、唯一自身の安寧の地を手放してしまう。彼の居場所は失われてしまう。
振り返ってみても本当に後味の悪い映画でしたね。かのダンサーインザダークも個人的に救われない映画だと思っている。しかしこのダンサーインザダークはbjorkの置かれた環境や過酷な出来事に対してそれでも希望を失わない生き方に胸打たれ、勇気付けられるというこもがあるが(私はない)、今回の作品はおそらく皆無。強いて言うならくのさんの心の強さは半端じゃない。後味の悪い映画ランキング10選に入れても良いのでは?弱い?
これだけ悪く言うてますが、正直もう一度観たいです。おそらくこの作品でどこか救いを見出したいからだと思うのだけれども。あと最後に推したいのはBGMの秀逸さと人の横顔を移すカメラアングルの良さですよ。これほどまでじわじわ評価の上がる作品はないです。ありがとうリリィ。でも4はあげない。
リリイ・シュシュの実体は何処へ。
閉塞感と精神の解放、生温い肌の手触りだけがリアル。
息が止まるほど美しい田園でのカットと西表島でのハンディの映像との対比は言葉にするのがもったいない、かな。
無駄なシーン、言葉、動きがなく、どんどん引き込まれて、引きずり込まれていった。
エーテルが浄化されたよ。
Tef

Tefの感想・評価

-
サリュが良かった
>|