リリイ・シュシュのすべての作品情報・感想・評価

「リリイ・シュシュのすべて」に投稿された感想・評価

観てる人沢山いる映画ですし、ネタバレしながら感想書きますってかネタバレしながらじゃないと感想書けない映画なので。
観る前はジャケの印象からなんとなく爽やか〜な青春映画だと思ってました。が、かなり胸糞悪くキツい2時間半でした。イジメのシーンだったり、女の子がレイプされてるシーンってめちゃめちゃ苦手なんですよ。強烈にリアリティがあるじゃないですかこの映画。特に久野さんのところなんて観てられなかったですよ。
久しぶりにこれだけぶっ殺したい奴が沢山出てくる映画を観たような気がしますね。まず筆頭は星野君ですよ!グレてしまった背景を十分に理解した上で、彼のやっている事は1ミリも肯定出来ないし、絶対に許せないですね。オメェCD割ってんじゃねぇよ!チケット返せよこの野郎!!すみませんつい感情的になってしまいました。
星野君以外にも周りのクソヤンキーに合唱真面目にやらねぇクソ女全員許せねぇ!ぶっ殺すぞ!と思いましたね。あ、口悪くてすみません。
この映画の意地悪なところはまず冒頭で蓮見君が星野君グループにイジメられているというところを見せた上で、過去にシーンを移して、蓮見君と星野君たちが仲よかった頃を見せるっちゅうまぁヤラシイですね!楽しいはずの沖縄旅行のくだりも悲惨な今後を考えると全く楽しめませんね!
そんな胸糞な映画をなぜ私が最後まで観れたかという蒼井優ちゃん演じる津田さんのおかげなんですよ!星野のクソ野郎にウリをやらされていても気丈に振る舞う津田さんが私の唯一の救いでしたよ。この津田さんがめちゃめちゃ可愛くて、この映画の中の光の様な存在ですよ!そんな彼女が自殺してしまうシーンで完璧に私の心は折れてしまい同時におい!蓮見何やってんだよ!彼女の最後のサインをなんで読み取れねぇんだよ!!と憤怒が湧き起こりましたね。津田さんを救えたのは正義感溢れる佐々木君ではなく、蓮見君ただ1人だったんですよ!おまっ、お前が何とかしていれば津田さんはな、自殺しなくて済んだかもしれないんだぞ!!と蓮見君を猛烈に責め立てたくなりましたよ!蓮見君に関しては久野さんの件もありますし、彼には言いたい事が山ほどありますが、そもそも星野!オメェが悪ぃんだろうが!おいこっち来いよ!星野!!すみませんまた取り乱してしまいました。
しかしやはり許せないのは星野君ですよ。彼は最終的に蓮見君によって殺されてしまう訳ですが、ここでも私は星野君を許せませんね。蓮見君は大好きなリリイを自らの手で汚してしまう!コレも星野君がそう仕向けたと言ってもオーバーではない!と私は思います。あまりにも蓮見君が不憫でなりません。
蓮見君、津田さん、星野君と、全く性格も状況も違う3人が1人のリリイというミュージシャンが好きという点はまさに音楽の素晴らしさを表していて、すごく好きなところです。音楽は万国共通!誰にだって届くモノなんです!
すぐにはもう一回観ようとは思えませんが、一日くらい空けてまた観ようとなぜか思ってしまうんですよ!あんなに胸糞悪かったのにね!結局好きなんですよこの映画!そして最後に言いたいのはこれですね!稲森いずみさん!めちゃめちゃ可愛いいい!!!!!
ひたすらに鬱
田園風景の真ん中に人物、という映像にその孤独さ、どこにも至らなさ、不毛さが既に想起される。過剰なまでの光、反対に夜には感光度の低い映像、歪んだカメラワーク、手ブレ感などが思春期の主観による過剰さを演出していると共に、不似合いなまでに透明感のある音楽が、直に視聴しつづけるにはきつい出口のない、不毛で、何もかもがテンプレで、ほかにすることもないような、自意識だけ露出したような貧しい世界を、かろうじて映画として支えているのだと思う。

そうした私性と同時に地方のその年代に確かに存在していた空気の摘出は、いま観ると貴重な記録としても観れるものとなっていた(しかしこんなのよく撮ったね)。
映像が一々リアルで自然で美しい
fumi

fumiの感想・評価

3.5
好き。もう1回見たい。
時系列がよくわからなかったり
登場人物の見分けがつかなかったりで物語がどう進んでるか分からなかった。
ただ途中らへんから分かってきて、高橋一生若いー!とか蒼井優若いー!とかそんなことばっかりに気がいった
さるま

さるまの感想・評価

3.7
中学生のとき見なくてよかった
自分史上最高の映画
>|