stne

スラムドッグ$ミリオネアのstneのレビュー・感想・評価

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)
-

普段の生活で巨額のお金を得るなんていう、大きな出来事は起きないけれど、人生の分岐点は誰しもあって、それがいい方向に行くこともあるし、悪い方に転ぶことだってある。

そうして、いい結果があった時、僕たちは何ら自然に「あの時のあの経験が役に立った」と思うことがある。

この作品の解釈はいろいろあるだろうけれど、僕はこれを成功と偶然の繋がりの物語だと解釈した。


何かに成功する、あるいは上手くことが運ぶのは、様々な経験を通じてなされるものだろうけど、それが活きてくるのはあくまでも事後的にしかわからない。

だから、とりあえずやっていることを真摯に続けていけば、大きな成功へと偶然繋がって行くかもしれない。それこそいつか、大金を得るような出来事に。

スティーブ・ジョブズがスピーチで話した有名な「connecting dots」の話と同じ論にはなってしまうけど、例えば夢のような出来事だって、何かしらの理由があって、経験があってなされるものだというメッセージは伝わった。当然偶然の産物でもあるだろうけど。