スラムドッグ$ミリオネアの作品情報・感想・評価

スラムドッグ$ミリオネア2008年製作の映画)

Slumdog Millionaire

上映日:2009年04月18日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「スラムドッグ$ミリオネア」に投稿された感想・評価

ゆり

ゆりの感想・評価

3.7
撮影がとても凝っている。クイズミリオネアも馴染みがあって見やすい。主人公のつらい過去も多く描かれており、トータルで感動しました。
みきお

みきおの感想・評価

4.4
おもろいぞ
インド行った後に見るとまた良い。
有名な作品だったけど好きにはなれなかった。

インドについて何も知らなかったからなのか、悪いイメージをどんどん植え付けられていく。

教育を受けていない子供達は、騙され続けて劣悪な状況に自ら進んでいくのを暗に意味しているのかな。

社会環境が自分の常識とかけ離れ過ぎていて共感できる部分が少なく、哀れみしか残らなかったのが残念。

あと、『奇蹟がくれた数式』を最近観たから主人公がラマヌジャンとしか思えなくて、はじめは「めちゃめちゃ頭の良いスラム出身の天才青年」の物語が進んでいくものだと勘違いしていた。
どこから知識を得てるかなんてわからない。住んでるところ、境遇が似ていたとしても見たもので知識は異なり、賢く見えることもある
totoruru

totoruruの感想・評価

3.3
やっぱりお約束なのね😅



『トレインスポッティング』のダニー・ボイル監督が、スラム育ちの青年の運命と過酷な半生を疾走感あふれる演出で描いた人間ドラマ。


TV番組「クイズ$ミリオネア」で一夜にして億万長者に成り上がった無学の青年ジャマール。
彼はなぜ全ての問題を解くことが出来たのか。
不正か、それとも実力なのか。
ジャマールの口から真実が語られるとき、驚愕の事実が明らかになる…。



第81回アカデミー賞で9部門10ノミネートされ8部門(作品賞、監督賞、脚色賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、音響録音賞、主題歌賞)を受賞した、アカデミー賞の歴史に名を残す作品の一つといっても過言ではないと思う。

実際に作品としては十分に見応えはある。

ただ冷静に見ると些か強引なご都合主義的な面は否めない。



インドが舞台とはいえ監督がイギリス出身のダニー・ボイルで、製作国もイギリスなので安心していたら…

ラストにブチ込まれた唐突なダンスに吹いたΣ(´∀`;)

インド人を出演させたら躍らせなくてはならない決まりでもあるのかな😅
tama

tamaの感想・評価

3.9
なんだかリアルで、ずっとハラハラしてた!
一攫千金を賭けたクイズ番組で、そのクイズ内容は皮肉にも自分が歩んできた壮絶な人生の片隅で手に入れた記憶。
クイズを出題されるたびに、見えてくる主人公の人生がうまいぐあいに入り込んできて見入っちゃいました。
ちょっと納得いかないな
uuuuua

uuuuuaの感想・評価

-
ハラハラした
>|