ryodan

モーガン プロトタイプ L-9のryodanのレビュー・感想・評価

モーガン プロトタイプ L-9(2016年製作の映画)
3.6
2017-01-17

L・スコット監督作。
R・スコットの息子さん。今後の活躍が楽しみな監督さんです。よくある設定に、よくある展開、よくあるどんでん返し。父親の「エイリアン」が公開された当時は、設定が誰が生き残るか分からないというものが出来ましたが、今は数多のサバイバル映画が世に出てきましたから。そこに焦点を当てなかったのは正解かも。人工生命体が暴走する内容ですが、手塩にかけて研究してきた科学者達は、みすみす破壊はしたくないというところがミソ。そのモーガンに完全に感情移入してしまって、人間と同等の扱いをしている。今回の暴走も、しっかり教育すれば理解できると言い切る科学者達。逆に、会社から派遣された主人公に敵意を持つ。人間と人工物とに意思疎通は出来るのか。人工物の自我とは。とまぁ、そんなに深くないですけどね。