エディ

仮面/ペルソナのエディのレビュー・感想・評価

仮面/ペルソナ(1967年製作の映画)
4.4
舞台上で突如失語症になった女優と、彼女を看護する看護婦の精神や意識が融合してしまうというサスペンス的なベルイマン作品。一般的には、ドッペルゲンガーをテーマにしているといわれているが、自分はもっと深いものを感じる。

舞台女優エリザベートは公私に充実した日々を送っていたが、あるとき舞台上で演技中に声が出なくなってしまうことで療養生活に入ることになる。長期の精密検査をしても問題が見出せないため、担当医は自分の別荘である海辺の別荘での転地療養を勧めた。そんなエリザベートに付き添ったのが新人看護士のアルマ。彼女と二人きりの生活を続ける中で、二人は言葉を介さなくてもお互いの意思疎通ができるようになり、やがて二人の意識は融合していく。。。

自分そっくりの人物に遭遇することをドッペルゲンガーというが、この映画ではそっくりな人物に遭うことがテーマではない。

演技しすぎて本来の自分が見えなくなった。演技という嘘がつけなくなったので黙っているという女医の分析がすべて語っている。全く立場が違う二人だが、性のトラウマに関して共有する要素があったので、共感し意識の共有が生じてくる。これはドッペルゲンガーではなくヒチコックの「サイコ」的な怖さだ。

エリザベートがしゃべれないのでアルマとの会話を記した字幕だが、ベルイマンにしては珍しいどぎつい性描写が出てくるが、こういったリアルでなまめかしい心の奥底を共有するようになったことで、エリザベートが乗り移ったのだろう。
野心がない無邪気なアルマは問わず語りで話した赤裸々な体験は、エリザベートが忘れていた過去のトラウマを呼び起こして、アルマに対する激しい共感で、アルマと一体化したいという欲求が芽生えていき、そうなったのだ。

映画中盤、汽笛のなる中での二人の同化シーンは、ヒチコックのサイコよりはるかに怖い。また、後半のクライマックスで、エリザベートの夫とアルマの会話のときに後ろから忍び寄るエリザベートは、ベルイマンの最高傑作「第七の封印」に出てくる悪魔のような恐怖感を与える。

母性が欠けていると言われたため、反感からセックスをして妊娠して、うわべは幸せな妊婦を演じたが、なんどか堕胎願望を持ち赤ん坊への憎悪を持って、死産ならいいのにと考え続けた悪魔のような思考が思い起こされて、うわべの演技で生きてきたのに耐え切れず失語症になった女優の心が、自分と違ってありのままに生きているアルマに乗り移って解き放たれるのだ。

アルマを通して、エリザベートに潜んでいた悪魔、即ち心の闇を見せ付けてくれる。

ヒチコックどころか、どんなサスペンスよりも人の奥底に潜む悪魔を描いていると思う。モノクロもあいまって、本当に怖い。CGを使っていないのに融合シーンがいかにもそうなりそうで本当に怖いのだ。

ラストが唐突過ぎるのが難だが、ベルイマンのシャープな切り口はいつもながら惚れ惚れしてしまう。