「仮面/ペルソナ」に投稿された感想・レビュー

masayaan
masayaanの感想・レビュー
2016/07/11
4.2
これが67年とは........キューブリックの『2001』も68年とかだし、基本、この時代ですでにアートとしての映画は完成しきっていたのではないかと思ってしまうほどの完成度だ。観念的にもバッキバキで、阿呆のように言えばポストモダン、柄谷的に言えば生きること全体に伴う「意味のなさ」を超絶的に達観した女優と、かつて浜辺で男たちと乱行したことや、そこで孕んだ子をおろしたことや、それを内緒にしてる彼氏と結婚することに「それでも何か意味がある筈」とエモってしまう看護師とのチルアウト・デイズ。「本当の自分」や他者との健康的なコミュニケーションを求めるエモさが、ポストモダンの冷徹さに対してキレるという構図なので、後半の空転ぶりが凄まじいが、「完全メタ」なる座標は存在せず、すべてに対して観察者の立場でいたつもりの女優も少しずつオブジェクト・レベルに落ちてくる。傑作だが、基本、自分はハリウッド映画の単純さがやっぱり好きかなー。
ヒコシゲ
ヒコシゲの感想・レビュー
1日
5.0
「運動」
タニー
タニーの感想・レビュー
5日
2.0
これからどうなるんだろう??
と思いながら最後まで観たけど、よくわかんない映画だった。
もし「どんな映画?」って聞かれても、「よくわかんない」としか答えられない。
でも最後まで観てしまったってのは、何か惹かれるものがあったのかな?
まつこ
まつこの感想・レビュー
6日
4.1
ベルイマンから問いかけられる心との対話。

冒頭の音のホラー感にドギマギして思わずボリュームを下げた。なんだなんだと引き込まれる。見終えると「ああ、そういうことだったんだな」ともう一回続けて観たくなった。

どの画も素敵なんだけど、顔が重なるあのシーンとかやっぱりいいよなぁ。

ラジオを拒む理由も、婚約者と結婚して子を授かる不安も、答えはすべて対話の中にあった。

仮面をつけて笑うことは悪いことなのか。無視できない現実と割り込んでくる誰かの声。弱さを纏って沈黙していれば傷つかないのかもしれないけれど、いつかは向き合わないといけない日がくる。

あの後であの子を抱きしめられるようになるといいな。

私のことを一番知ってて知らないのは私なんだ。

幸せなんだと無理に唱えるよりも、「あーーー!苦しいっ‼︎」と声が枯れるくらい叫んで、たくさん笑ったら明日が見えてくる気がするんだけどな。一年前の悩みを今も思い出すことってなかなかないと思うから。

『大切なことは結果ではなく努力だ』
かっつん
かっつんの感想・レビュー
2017/05/17
4.7
ベルイマンの作品では、これが1番好きです。
Mitsunoir
Mitsunoirの感想・レビュー
2017/05/17
4.9
これ82分ですか、なんて濃密なんだ。。。
ものすごい引き込まれる。あまりのセンスに脱帽する。。。

これはメタファーを多用して精神世界を表現している、が故にミニマリズム的かつ洗練された美しい画になっている部分はありそう。二人のどっちが実在してどっちが虚像とかないと思う。(物語的な構成も考慮して)
アルマは本心で、エリーサベットは演技や嘘、抑制を重ね続け乖離した存在。故にアルマはとどまることを知らず本心・欲望を語り続ける。
サイレント映画は言葉、つまり嘘の不在、男性器は抑えられた欲望、屠殺の血抜きは肉体と精神の乖離、焼身は肉体が滅び死ぬことの恐怖ではないか。

夫が訪ねてくるシーンで肉体と精神の乖離に気づいてしまうあれがいい。海辺での自然に近い生活は二人とも共通して気に入っている点からも、欲望に従い嘘や演技を重ねるのを否定し、無を主張しているのかな。
ベルイマンは第七の封印と夏の遊びの二作しか見てなくてうーんと思っていたら度肝を抜かれた。
DKeita
DKeitaの感想・レビュー
2017/05/12
5.0
私の心がどれほど感嘆の音を響かせているか、言語化できない自分を殺してやりたいほどに感動している。

えげつないエネルギーがえげつない人数に影響を与えていることを心底理解できる。
ジョンドウ
ジョンドウの感想・レビュー
2017/05/09
-

このレビューはネタバレを含みます

観ました。‪‬

心理学用語「ペルソナ」に個人的関心があり、それを主題とするこの映画に出会い鑑賞。モノクロ映画。

題の通り「ペルソナ」の映画だ。
だが、女性の、女性だからこその物語だった為か物語から距離を感じた。感情移入が出来なかった。
それでもきちんと「ペルソナ」についての映画として理解は出来た。
「ペルソナ」を映画という物語の視点で見れた事に関して鑑賞して良かったと感じる。

所々の不協和音、グロテスクな映像、異様な編集がこの物語の不思議さ、不気味さを引き立てている。
まさゆき
まさゆきの感想・レビュー
2017/05/09
2.4
オープニングが何か良かった。難しい。
>|