仮面/ペルソナの作品情報・感想・評価

「仮面/ペルソナ」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

4.2
これが67年とは........キューブリックの『2001』も68年とかだし、基本、この時代ですでにアートとしての映画は完成しきっていたのではないかと思ってしまうほどの完成度だ。観念的にもバッキバキで、阿呆のように言えばポストモダン、柄谷的に言えば生きること全体に伴う「意味のなさ」を超絶的に達観した女優と、かつて浜辺で男たちと乱行したことや、そこで孕んだ子をおろしたことや、それを内緒にしてる彼氏と結婚することに「それでも何か意味がある筈」とエモってしまう看護師とのチルアウト・デイズ。「本当の自分」や他者との健康的なコミュニケーションを求めるエモさが、ポストモダンの冷徹さに対してキレるという構図なので、後半の空転ぶりが凄まじいが、「完全メタ」なる座標は存在せず、すべてに対して観察者の立場でいたつもりの女優も少しずつオブジェクト・レベルに落ちてくる。傑作だが、基本、自分はハリウッド映画の単純さがやっぱり好きかなー。
elie

elieの感想・評価

-
脳の処理がベルイマン先生に追いつかない
というか大混乱⚡︎⚡︎
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
だけど名だたる監督達が
今作に影響を受けて
数々の名作が生まれたというのも頷ける...
底知れぬ凄さだけはびしびし感じた
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
対照的であり類似的な2人の
心の葛藤が描かれているのだけど
それが果たして何を意味してるのか...
なーんか、すとんと落ちてこない(笑)
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
監督ですら説明不可能と言われるだけあって
諸説も色々ある難解な作品
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
第七の封印といい、まずこういうのを
具現化しようとするセンス...
流石としか言いようがない
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
そして本能的に恐怖を感じさせる演出
不穏な映像や音、女優さんとのにらめっこ...
陰影の使い方もとても素敵で
やはりベルイマン作品は芸術的
ただ、ほんと全部は理解不能です降参です。
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

私?私たち?
それは誰しもが持っている
無意識の世界...
しのの

しののの感想・評価

5.0
ファイトクラブに影響を与えたらしい。
タイトルまでの映像がガンギマっていてその時点で衝撃を受けたけど、それ以降も緩やかに狂気を見せる主演2人の卓越した演技や時折現れるガンギマリ構図に魅せられて終始圧倒された

このレビューはネタバレを含みます

今みてもとても新しく感じる。映像も素晴らしい。スウェーデンだからか、例えば風景や服、髪型等、どれも先進的に感じた。内容はわりとホラーだけども本質的。何回かみなきゃと思わされる珍しい映画だった。


(備忘メモ)
34分頃のエリザベートの話を聞く表情がなんとも奇妙で不気味。馬鹿にしてるような感じもある。
37分頃のエリザベートが寝室に入って出て行く感じもとても奇妙。汽笛の音も。直後の鏡をのぞいてるような時にかかる音楽もめちゃくちゃ怖い。。
42分頃のアルマが車内で手紙を勝手に読むシーン、アルマの格好がかなりモダンで驚く。水の滴る音が、絶妙に緊張感を作り上げている。アルマの横顔のカット効果的。このシーン、凄い。
冒頭とリンクする、46分頃-48分頃のカットが怖すぎる。。音楽も。
48分頃の海辺のシーン、2人の格好がとてもモダン。おしゃれ。
52分頃のエリザベートのうっすら微笑む表情が怖すぎる。
『ファイト・クラブ』の元ネタだとは知らなかった。
白が美しい。
難解です。調子が良いときに観ないと寝てしまいます。すごい映画だということはわかりますが、私には辛かったです。
ネムル

ネムルの感想・評価

4.0
10年ぶりくらいにベルイマンを観たら、こんな作風だったかいな、と……。
だがしかし、スゴい。嫌いだけどスゴい。
まだ

まだの感想・評価

4.0
精神も身体もわるくないのに、何もしゃべらず、無反応な女優のお世話をすることになった若い看護婦。最初は不安だった看護婦も、徐々に女優に心を許し、自らの恥ずかしい過去も語るようになるが、、、、、思いもよらない展開になる「映画」。

始まった時は、意味も分からない映像に、「一体これはなんなのだろう?」って思いました。ただ、不思議と視線を外せず、魅入ってしまいました。

人間の複雑で不条理でぐちゃぐちゃな内面、もしかしたら創作者としての監督自身の内面なのかもしれませんが、そういうものを表現しているように思いました。

ただ、正直難解で。。。

あまり理解しきれていないと思いますし、妙な不安感が残ってしまって。早く他の方のレビューや解説を読んで、ああ、そういうことなんだ、と(分かった気になって)安心したいです。
C

Cの感想・評価

4.3
「本当の自分でありたいと思ってるのね。いつも自意識に縛られている」「気が済むまで芝居を続けなさい。いずれ飽きればやめるはず。今までもいろんな役に飽きたように」
「芸術は人の心を慰めますからね。特に苦しんでる人を」
まいこ

まいこの感想・評価

4.2
オープニングが強烈すぎてぐっと心を掴まれました。不気味すぎる!
その後はわりと地味ですが、風景や登場人物がきれいでとても絵になる。それがまた余計に不気味で怖かったです。
>|