仮面/ペルソナの作品情報・感想・評価

「仮面/ペルソナ」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

4.2
これが67年とは........キューブリックの『2001』も68年とかだし、基本、この時代ですでにアートとしての映画は完成しきっていたのではないかと思ってしまうほどの完成度だ。観念的にもバッキバキで、阿呆のように言えばポストモダン、柄谷的に言えば生きること全体に伴う「意味のなさ」を超絶的に達観した女優と、かつて浜辺で男たちと乱行したことや、そこで孕んだ子をおろしたことや、それを内緒にしてる彼氏と結婚することに「それでも何か意味がある筈」とエモってしまう看護師とのチルアウト・デイズ。「本当の自分」や他者との健康的なコミュニケーションを求めるエモさが、ポストモダンの冷徹さに対してキレるという構図なので、後半の空転ぶりが凄まじいが、「完全メタ」なる座標は存在せず、すべてに対して観察者の立場でいたつもりの女優も少しずつオブジェクト・レベルに落ちてくる。傑作だが、基本、自分はハリウッド映画の単純さがやっぱり好きかなー。
Hayaki

Hayakiの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

誰しも仮面を被っている
アルマはエリーサベットの仮面の下に潜む本当の彼女だと解釈している

死体安置所のような場所で
ぼんやりと映る女性の顔を
触ろうとしている子供とか
最後1人だけバスに乗るとか
見終わった後に色々とその
シーンの意味を想像させてくれる

いろんな解釈とか疑問を
持たせてくれる映画は最高

オープニングのモンタージュも
タイトルシーンのサブリミナルも大好き
人格が溶け合って融合、つまりはニコイチ
これ絶対、ファイトクラブとか、その他もろもろの監督の作品に影響を与えたでしょう…

あえて点数はつけない
オープニングからとんでもない作品でしたよ、ベルイマン

こういった作品を観るようになったもの、ゼミの先生のおかげだと思う。。
先生、ありがとう♡
もっと、先生からいろんなこと学びたかった
suke18

suke18の感想・評価

5.0
ちょっといろんな意味で打ちのめされた
モノクロ映画の白黒コントラストが美しく印象的。混乱する映画。こういう経験、面白そうだがアイデンティティを喪失しそうで怖い。人間の内面の深淵を垣間見た。
静かで閉鎖的な世界にひきこまれ、最後まで集中して見た。
正直に自己申告しますけど、おもしろかったのに寝落ち×3でした。この方とタルコフスキーとヴィルヌーヴが私にとっての3大催眠効果のある補助魔法を使う人、です…。そんなわけで私、魔法使いは本当にいると信じてます…(。-∀-。)

魔法使いが監督やってるとなんかちょうど眠気を誘う情報量とセリフの少なさなんですよね…。

しかし前半を乗り切ると後半はまったく眠くなかったです!(←乗り切ってないじゃないかというツッコミはなしで)


ペルソナが崩壊し別人格アルマが起動してしまったエリーザベットという女性が、療養所で自己との対話を繰り返した結果、自己統一に成功するという話だったんですかね?起きてた部分だけで判断しますとそんなふうに見えました。

別人格の説明がまだない段階の序盤を観てますと、25歳で婚約中よ♪♪なんて作品内で自己申告してるアルマが老眼鏡をかけて手紙を読む(人格上の設定は25歳だけど実年齢は老眼鏡が必要な年齢)というわけの分からん場面に出くわすことになり、直後に魔法の効果があたりに現れはじめるのに気付きました。笑
映画

映画の感想・評価

-
 ある日、舞台女優エリーサベットは言葉障害に陥る。エリーサベットは、精神病院で出会った看護婦アルマと一緒に海辺の別荘で療養をすることになる。しかし、二人の意識は次第に混じり合っていき…。

季節は夏、海辺の別荘、舞台女優と看護婦。
完璧な設定。

 ある意味において、わかりやすい。夏の別荘、二人の女性の意識は共有され、ひとつになっていく。ドッペルゲンガーという用語を駆使して、精神分析の観点から本作品にアプローチすることは正しい。
 しかし、本作品の興味深いところは、あらかじめ、精神病院の担当医から、エリーサベットの症状について、いかにも精神分析的な説明が加えられているというところだ。主治医は、エリーサベットは意図的に沈黙を貫いている、と考えている。彼女は何も答えない。おそらく、最も重要な問いは、「なぜ、彼女は黙らなければいけないのか」ということだ。基本的な文脈は違うかもしれないが、『第七の封印』『冬の光』で描かれているように、ベルイマンはしばしば、「神の沈黙」を主題とする。この「沈黙」に本作品のエリーサベットの「沈黙」も一脈相通じるところがあるように思われる。

精神病院の演劇的な美術。(ところで、なぜ、多くの映画作品が精神病院を描くとき、演劇的になってしまうのだろう)

冒頭の断片的な映像群。映写機、男性器、昔のアニメーション、屠殺、虐殺、焼死体。特に、印象的なものは巨大な女性の顔に手を触れる少年。正直、現代人にとって、新鮮味は感じられないが、しかし、面白い。
waka

wakaの感想・評価

4.3
ヤバい
>|