仮面/ペルソナの作品情報・感想・評価

「仮面/ペルソナ」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

4.2
これが67年とは........キューブリックの『2001』も68年とかだし、基本、この時代ですでにアートとしての映画は完成しきっていたのではないかと思ってしまうほどの完成度だ。観念的にもバッキバキで、阿呆のように言えばポストモダン、柄谷的に言えば生きること全体に伴う「意味のなさ」を超絶的に達観した女優と、かつて浜辺で男たちと乱行したことや、そこで孕んだ子をおろしたことや、それを内緒にしてる彼氏と結婚することに「それでも何か意味がある筈」とエモってしまう看護師とのチルアウト・デイズ。「本当の自分」や他者との健康的なコミュニケーションを求めるエモさが、ポストモダンの冷徹さに対してキレるという構図なので、後半の空転ぶりが凄まじいが、「完全メタ」なる座標は存在せず、すべてに対して観察者の立場でいたつもりの女優も少しずつオブジェクト・レベルに落ちてくる。傑作だが、基本、自分はハリウッド映画の単純さがやっぱり好きかなー。
Oktavia

Oktaviaの感想・評価

4.0
黒いセーターを着ていて、金髪をポニーテールに結んで、薬指に指輪をつけてタバコを吸いてるヒロインが優雅すぎ。

二人の間の軸。

好きなセリフ:I know how rotten you are.
本編よりも冒頭に熱くなった
「総ての役者、総ての映画作家のための映画。役を演じること、役を演じさせることの苦痛と葛藤。でも、傷付いたその先には救済が待っている!ならば演じよ!撮りまくれ!というパッションの美しさ。本作が無ければ『ファイト・クラブ』も存在していなかったかもしれない」
邹启文

邹启文の感想・評価

4.0
はじめしゃちょーのYouTube帰還記念動画「ただいま」の元ネタとして有名
いー

いーの感想・評価

4.5
こういう1カット1カットが、1枚の絵画のような(この映画で云うと、芸術性の高い写真のような、ですね)映画は苦手なんです。
苦手なんですが、そんなこと言ってられない。傑作。

最近観た映画『マンハッタン』で、「過大評価されてる監督の一人、ベルイマン」みたいな台詞がありましたけど、すごいですね。あれ、ある意味名台詞だと思います。

物語至上主義なんです、わたし。困ります、ベルイマン。
もう一回、集中して観よう。
面白いぞこれはきっと。


オープニングが素晴らしい。
かっこいい映像に痺れる。
お喋りな看護師と、口を中々開かない女優(患者)が医院長の別荘で静養生活を送ることに。2人きりの生活。2人きりの。
相手は自分を映す鏡のようですねえ。
タルコフスキーやアルトマン、最近だとカラックスの『ホーリーモーターズ』にも影響を与えたらしいベルイマンの名作。

とてもメタフィクショナルな作品。
演じるじぶん、嘘をつくじぶん、本当のじぶん(という錯覚)、仕事中のじぶん、プライベートのじぶん、他の誰でもありうるじぶん、他者、カメラ、主体、客体、記録に残るということ、(思い浮かぶキーワードがほぼホーリーモーターズかよ)

また、どの場面を切り取っても1枚の写真として力を持つような映像で、とても美しい。白黒なのが本当にもったいない。
タルコフスキーへの影響ってやっぱり『サクリファイス』の映像のことなのかしら。

あと役者たちの目がもう。目。眼球。
sasa

sasaの感想・評価

3.6
映像がかっこよくて本当に美しかった。
でも単細胞の私には難しすぎた。
時間をあけてからまた観よう。
映画って凄い…
こんな表現の仕方があるのか。
難しいけどカッコいい

俺も疲れる仮面外したい
>|