仮面/ペルソナの作品情報・感想・評価

「仮面/ペルソナ」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

4.2
これが67年とは........キューブリックの『2001』も68年とかだし、基本、この時代ですでにアートとしての映画は完成しきっていたのではないかと思ってしまうほどの完成度だ。観念的にもバッキバキで、阿呆のように言えばポストモダン、柄谷的に言えば生きること全体に伴う「意味のなさ」を超絶的に達観した女優と、かつて浜辺で男たちと乱行したことや、そこで孕んだ子をおろしたことや、それを内緒にしてる彼氏と結婚することに「それでも何か意味がある筈」とエモってしまう看護師とのチルアウト・デイズ。「本当の自分」や他者との健康的なコミュニケーションを求めるエモさが、ポストモダンの冷徹さに対してキレるという構図なので、後半の空転ぶりが凄まじいが、「完全メタ」なる座標は存在せず、すべてに対して観察者の立場でいたつもりの女優も少しずつオブジェクト・レベルに落ちてくる。傑作だが、基本、自分はハリウッド映画の単純さがやっぱり好きかなー。
芋

芋の感想・評価

4.3
映画にはここまで可能なのかと思わされる傑作。タイトルバックの出方に痺れる。サブリミナル効果のような高速の画面の切り替えの中にどアップのイチモツが混じってて笑ってしまった。しかし写す理由もしっかりあるからよくできてる。
『野いちご』と全然違かったのでびっくりした。
1234

1234の感想・評価

3.5
積み重ならないイメージの断片が環境音で縫い止められる前半はいいけど、後半しゃべりだけみたいになってくのでキツい 画面はすごいんだけどなぜかアガらない
おもしろいけどそんなにすごいか? 映画しか観てないやつが騙される映画でしょこれ 映画がわからないので勉強しますごめんなさい(>_<)
変なことやっても崩れないのはすごいかもね やはり冒頭が効きつづけてる
いやぁ攻めてた。
半分くらいのとこで、その映画がやろうとしていること(演じる自分と本当の自分という二面性)に気づけたのでさほど難解では無かったが、何より二人の演技に圧倒された。それでも分からないところはいくつかある。途中でフィルム止まる演出とか何なんだあれは笑
まぁでも現代の“巨匠”と呼ばれる映画監督たちに多大な影響を及ぼした作品であることは、カットの隅々から伝わってくる。
髪をかきあげるショットが美しすぎる。
この世には内容が理解できないにもかかわらずその映像の質に圧倒される映画というものがいくつか存在するけど、このベルイマンの作品もそんな映画の一つ。

実はこの映画を見てからしばらく経っていて、結局何だったのだろうと腑に落ちないところも未だに結構あるのだけど、冒頭のスクリーンに映し出されたリヴ・ウルマンの巨大な顔やサブリミナル的に挿入されたサイレントコメディの映像等のメタ演出から強烈で、その後も謎めいていながらも鮮烈な演出が最後まで続き、そのイメージはどれも記憶に焼き付いて離れない。

リヴ・ウルマンとイングリット・チューリンの不可思議なやり取りも実に印象的で、これまた意識の同化等の描写が難解ではあったけど高い演技力と美しい撮影のおかげで見事なものがあり、見ていて圧倒されっぱなしだった。

という具合に、まとめるとやはりよくわからないけど色々と凄いということになるのだけど、こうした作品は難解さと映像や演出の素晴らしさのせいで間隔を空けて何度も見たくなるから困る。
ゆうむ

ゆうむの感想・評価

3.5
冒頭のアバンギャルドな映像がカッコ良かった。本筋である女性2人の話は良い感じに眠くなりつつマルホランドドライブっぽいなあーと思ってたら、やはりリンチのお気に入りという。あとファイトクラブもまんま影響受けてるな
照明が素晴らしい
Tomuzak

Tomuzakの感想・評価

4.3
オープニングのノイズの様に入る映像の数々。
タイトルまでで既に狂気の世界に誘われる。
同じシーンが繰り返され、悪夢が入り込んで来る。
自分が仮面だと思っているのは本当に仮面なのか。それが本当の姿ではないのか。
どこまでが正気で、どこからが狂気なのか。
ベルイマンの狂気の世界の素晴らしさを改めて感じる。
>|