どーもキューブ

宇宙戦争のどーもキューブのネタバレレビュー・内容・結末

宇宙戦争(2005年製作の映画)
4.1

このレビューはネタバレを含みます

スピルバーグの劇場戦争、遊園地のアトラクション

スピルバーグ監督作。

素晴らしい劇場体験。

だいたいスピルバーグ印のSF,アクションは、必ず劇場へ行くのが信条。(「プライベートライアン」より誓う)

今作も劇場はまさにテーマパーク。

宇宙人の音、破壊に震える。

劇場は、楽しく全身全霊でオモロオモロー!

途中出場の半ば箸休め的、ティムロビンスの根暗助演に苦笑いしつつ、

壮絶ラストへ!

トムクルーズも、めっきり普通の労働者パパで良い。

ダコタちゃんも可愛い!

とにかくあの破壊する感覚の凄さ!

SFXは、世界一ですね。

日本じゃムリムリ!

スピルバーグ印の大作は、ぜひ劇場に足を運ぶ事をお伝えします。
2008年11月28日 18時27分レビュー

追記
4DXでリバイバルして欲しいです。本当に劇場がアトラクションのようで、そんな気持ちがタイトルになってます。
DVDでみると、星1、0マイナスかもしれません。タンタンとしててね。
トムくん走ると劇場が揺れていましたんで、部屋で見るとただ逃げてる姿を見守るみたいな。

私のスピルバーグSF、本作のようなものをまたみたいですね。もう、なさそうだけどね。

あと本作は、リメイクです。