KZY

宇宙戦争のKZYのレビュー・感想・評価

宇宙戦争(2005年製作の映画)
3.0
「大阪では何体か倒したらしい。」

ある日、世界各地で稲妻が観測された。久々に息子と娘に会ったレイは、いつも通りの日々を送ることが出来ると思っていたが、ロビーが無断で車に乗って外出していたことを知り、探しに出たのだが…。

シンプルなタコ型のロボットが放つ四肢爆散ビームがイカしてる。ロケットランチャーも全く効かず、圧倒的絶望感。
エイリアンが弱って行った理由はまあいいけど、その後の展開が早すぎてなんか置いていかれてる気分になった。インデペンデンスデイくらい戦ってくれた方が個人的には好きやった。

ありえんぐらいスベリ倒してるレイに心が痛くなる。全ての会話が裏目に出て、子どもたちとのズレがすごかった。
とりあえずレイチェルがうるせえ。
あんまり可愛くもないのに空気も読まずに叫び散らかして状況を悪化させるから腹が立った。