いっちー

細い目のいっちーのレビュー・感想・評価

細い目(2004年製作の映画)
3.9
人が恋に落ちる瞬間の美しさを切り取った素晴らしいラブストーリーでした。
「細い目」というタイトル、そういう意味なのか。
なかなかの人種差別的な言葉らしい。
そんな人種を超えて紡いでいく2人の優しく、純粋なラブストーリー。
なんだろう、愛とか恋とか恋愛とかじゃなくて、純粋に「恋をする」ということについて描いた良作。
「タレンタイム」でも思ったけれどヤスミン・アフマド監督の登場人物たちを見つめる視線はとても優しい。
恋をする瞬間、無音になるなどところどころのオシャレな演出も光ります。