細い目の作品情報・感想・評価

「細い目」に投稿された感想・評価

人が恋に落ちる瞬間の美しさを切り取った素晴らしいラブストーリーでした。
「細い目」というタイトル、そういう意味なのか。
なかなかの人種差別的な言葉らしい。
そんな人種を超えて紡いでいく2人の優しく、純粋なラブストーリー。
なんだろう、愛とか恋とか恋愛とかじゃなくて、純粋に「恋をする」ということについて描いた良作。
「タレンタイム」でも思ったけれどヤスミン・アフマド監督の登場人物たちを見つめる視線はとても優しい。
恋をする瞬間、無音になるなどところどころのオシャレな演出も光ります。
iku

ikuの感想・評価

4.0
金城武というより長渕剛
オーキッドがひたすらかわいい
お手伝いさんと夫婦とのやりとりが面白いし素敵
細部まで監督の博愛的な優しさと尊厳に溢れてる
mingo

mingoの感想・評価

4.1
全作品を観終えてやはりヤスミンの作品群はやはり本作出発がマストである。マレー人のヒロインと華人の少年の恋愛というこれまであまり描かれなかったボーイミーツガールものというのもあり、まさか最高傑作タレンタイムまで続くとはといった感じだが、まさに原石的演出に舌を巻く。言葉は発さなくとも伝わってくる相手を想う気持ち、愛しさ、言葉にできない感情、もっとこの映画の中にいたいと思える映画はそうそうない。台湾ニューシネマの青春映画群とはまた趣向の違った、お互いが離れていて物理的に見つめあっていないのに、より見つめあっていると感じる演出まさにヤスミン映画の代表作と言えるだろう。ラストの答えはどういうことなの?と思う人もいるだろうが聞くのも野暮だろう観たひとに委ねるオープンエンディングである。傑作
こんなまごうことなきピュアネスを目の当たりにしたのは何年振りだろうか?雪にかけるイチゴシロップのような、ソーダ水を泳ぐ宝石のような、闇夜に吹く潮風のような鮮やかさで胸に飛び込んできた運命の恋。好きな人が好きなものを好きになりたい、好きな人が嫌いなものを嫌いでいたい、あの真っ白な気持ちの尊さよ。好きな子の好きな花を探すために町中を駆け回る男の子のこと、どうしたって嫌いになんてなれないよ。そりゃあ金城武より輝いて見えちゃうよね。武のことは安心して私に任せてオーキッド!

基本は若い2人のラブストーリーだけど、家族の描写が多いのも嬉しい。あの世界で一番可愛いトドみたいなお父さんは出てくるだけで嬉しいし、お母さんとタオル一枚で踊る謎シーンも大好きだし、大きくてふかふかで体も心も肉厚なお手伝いさんに私もギュムっと包まれたい。誰に対しても平等で真っ直ぐなヒロインのキャラクターを裏付けるのに完璧な家族の風景。後半の車内の長回しシーン、オーキッドの黒髪の滑らかさや、汗ばんだ手の平の熱や、頰を濡らす涙の味がわかるくらい目の前で起きてた。涙を拭いてあげられないことがじれったいくらい、スクリーンの中が手を伸ばせば届きそうなほど近かった。ほんの2時間前まで顔も名前も知らない人達だったのに、いつの間にか気持ちは家族の一員だった。

ヤスミン監督は宇宙飛行士みたいに地球を俯瞰で見てるんだろうな。そこは国境や人種の隔たりや神様の優劣がない世界。その曇りのないビジョンをフィルムに焼き付けて私達に残してくれた。一人一人が彼女と同じ目線を持てれば、眩しいほど優しさに満ちた世界が出現して、きっと誰もがその目を細めずにはいられないはずだ。
nishiyan

nishiyanの感想・評価

4.0
マレー系でイギリス留学を控えた裕福な家庭の女の子オーキッドと、中国系の不良少年ジェイソンとの恋の物語や。全く住む世界がちゃう二人が運命的に出会うんは、ジェイソンが映画の海賊版ソフトを売っているマーケットの屋台や。オーキッドはマレー系としては多分珍しく金城武と香港のアクション映画が好きで、向こう意気の強い男勝り女の子で、一方のジェイソンは、ギャングの下っ端で違法な商売をしてんねんけど、インドの詩人タゴールの詩を母親に読み聞かせたりしてる、気持ちの優しい繊細な男の子や。男性、女性それぞれステレオタイプな男性像や女性像やない人物設定が、いかにもこの監督らしいな。

マレー系の少女と中国系の少年の恋愛を描いたこの映画は、マレーシアの映画史、さらにはマレーシアの歴史においても画期的な作品のようやな。実際はこんな裕福なマレー系の少女と貧しい中国系の少年との恋愛ちゅうんは滅多にあれへんらしいわ。最近見たインド映画の「あなたの名前を呼べたなら」もそういうインドの世間一般ではありえへん二人の恋愛話やったけど、あんな感じなんかな。

この映画で描かれてるんは、多民族・宗教の共生するマレーシア社会の現実の部分と、世界がこんな優しい世界やったらええのになといった祈りとが混じりあった世界なんかな。リアルだけではあれへんし、夢だけでもなあれへんといった具合や。いや、それとも、現実のマレーシアではありえへんもんを、いつかは現実になるかもしれへんという願望を込めた、カウンターとしてのマレーシアの姿を描いてんのかな。映画が現実やのうて何が悪いねん、いつか現実になるかもしれへん可能性を描いとんじゃっていう監督の叫びが聞こえてきそうな気もするな。

それにこの映画を観ても一つ感じたことがあるわ。この映画が普通のラブストーリーのように見えて決定的にちゃうとこは、笑えるシーンとかめちゃめちゃハッピーなシーンの中にも、どっか薄暗い、フィルム・ノワールなもんがストーリーの底に流れてて、なんか嫌な予感みたいなもんが全編を通して漂ってる点や。ヤスミン監督ほど優しい映画を撮った人はおらんと思うねんけど、実はこの嫌な予感みたいなもんを描くんがほんまに上手やと思うわ。ここにこの監督の真骨頂があんのとちゃうかな。これはこの監督の他の作品についても言えることや。ヤスミン監督は優しい人なんやろけど、それだけやなしに、恐ろしいほどの厳しさも併せもってる人なんとちゃうかな。

この作品も「ラブン」と同様、「赦し」ということが最終的にはテーマになってたんやけど、この映画では人を赦すことの難しさ、厳しさも同時に語ってるわ。観てて「もうちょっと早よ赦したったらよかったのにー」って地団駄踏んだ人も多いんとちゃうかな。せやけど、それがでけへんのも現実なんかもしれへんな。人生、不条理なもんやで。なかなか辛いのうって、つくづく思たわ。

タイトルの「細い目」って、 中国系の目が細いことを揶揄する、中国人に対しての悪意のあるマレーシアの言い方らしいねんけど、この映画の公開後は、目が細くてチャーミングという意味でも使われるようになったみたいやな。社会はちょっとづつでも前進していくもんや。なんぼ周りから理想やと言われようが、それを描き続けた監督のブレへん信念と先見の明に喝采やわ。
特集上映、『タレンタイム』に次いで二本目の見物。
彼女の映画はいつもそうなのかもしれないけど、悪い人は出て来ない。TVの朝ドラみたい。
でも、人が死ぬことはあるんだなあ、とちょっと驚いた。
り

りの感想・評価

2.9
出てくる女性陣皆見ていて気持ち良い。
出会いから時間を重ねていく2人にキュンとさせられる。周囲からの心配や警告はあれど、1対1で時間を重ねるのに民族など関係ないのだな、と思わされた。
結末はまぁ……そこに心がなかったとは言えさすがに無責任じゃん喜べない〜の気持ちが残ってしまった
Kiki

Kikiの感想・評価

3.7
「すぐにもう一度観たい映画」

映画館にてヤスミン・アフマド特集
没後10周年記念上映@シネマート心斎橋

2年前に「タレンタイム」をトークショー付きで見た時に知ることが出来たマレーシア社会の民族、宗教、言語などの多様性を盛り込んだアフマド監督作品

『Sepet』2004年
マレー系少女オーキッドと中国系少年ジェイソンの恋

どこか懐かしさを感じる…ストーリー展開
でも…独特なハートフル演出が心を和ませてくれた
ヤスミン・アフマド特集上映にて。

前情報もほとんど入れず、たまたま時間が合った流れで「ムクシン」から続いて観たので、「あのオーキッドが大きくなってる!」と嬉しい驚きからスタート!
オーキッド三部作の最初の一本で、「ムクシン」の方が製作年は後なんですね

お転婆なオーキッドが快活で利発な、それでも金城武に憧れる相応な年頃の女の子に成長していて、親戚のおじさんの気持ちに勝手になりながら、鑑賞w

ぐっと初期の作品で、それこそ当時はクラシックの趣きをまといはじめた香港映画の影響を受けた作劇が少しばかり拙い印象もあるのだけれど、アフマド監督らしい優しい視線と独特のユーモアはこの頃から健在。

アーロンのヘンテコなダンスが最高すぎて好きなんですが、役者経験はこの一本だけというのが勿体ないぐらいイイ味出してます。全然関係ないんですが、元ミッシェル、The Birthdayのキュウちゃんの若い頃に似てるw

オーキッド役のシャリファ・アマニさんが可愛い過ぎます。学邸で友人を喝破するシーンが素晴らしい。ムクシンのオーキッドは妹さんなのかー、どーりで似ていらっしゃる。

あと、アーロンと悪友の交流のシーンも、この手の描写に弱い私の琴線に触れてきてヤバかった。男同士のああいう空気感が解ってるなんて、監督、すごくないですか?

多民族多宗教の融和と可能性、そして現実に対する鋭い眼差しも本作の根幹になっており、改めていろいろ考えさせられた。
今の日本にとっても、避けては通れなくなってきている話題であるし、こういった作品から我々が学べれる事は沢山あるのではと思う。
この後、全国で順次公開されるとのこと。
可愛くて刺激的な恋愛ものと楽しみつつ、多くの若い方がこの作品から大事なメッセージを受け取ってくれることを願う。
(オーキッドの両親世代の私達もね!)
ricestar

ricestarの感想・評価

3.1
ヤスミン祭り〜2本目✨

一本目爆睡したのですがー
かなり疲れてたのか、

少しウトウトしたものの

ほとんど鑑賞〜😅
当たり前だーって怒られそうですがー

タレンタイムが良すぎですもの

タレンタイムの出演の人達に会えてよかったです
>|