失われた週末の作品情報・感想・評価

「失われた週末」に投稿された感想・評価

クワン

クワンの感想・評価

3.5
アル中映画の原点。

先程レビューした「リービング・ラスベガス」より更にストレートにアルコール中毒の怖さを全面に描いている。やめたくてもやめられないその絶望。名匠ビリーワイルダー監督はその追い詰め方に容赦なく、アカデミー作品賞とレイミランドが主演男優賞を取ったのも納得のリアリズムと行き場のない人間ドラマだ。

売れない小説家が酒を買う金欲しさに、タイプライターを質に入れ、バーで女性の鞄を盗み、禁酒を誓ったはずなのに酒の魔力に屈していく。アル中病棟に送られ。脱走してもアル中患者特有の幻覚(壁からネズミが這い出し、窓からコウモリが侵入する、、)からは逃げられず、ピストル自殺しようとするが、、人間の内面の崩壊と狂気と共に抗えない哀しみが迫ってくる。

この2作観たら、お酒飲みすぎな方は控えられるかもしれない。。

明日は転職同期と飲み会。男ひとり私だけお酒あまり呑めず、後の女性3人はお酒大好きなので、必然的に飲み放題の店。ああ、お酒呑めるっていいな、酔っ払うって羨ましいな、、とたまに思う。たまには、私も酔って、記憶を失くして、失われた週末を過ごしてみたい 笑 でもやはりシラフの私は、記憶鮮明。だいたい後半は必然、ひたすら聴き役になること多い。そして、私は井戸になる。

でも、幸せな酔っ払いに向かって、この映画の話は明日はしないつもり笑
fujiK

fujiKの感想・評価

-
📺✒️📑
Kuma

Kumaの感想・評価

4.0
人生をやり直したいのに、どうしても酒を求めてしまうアル中男の話。

酒に対する執念がすごい。「ここまでやるか」ってぐらい。なのにわずかな理性が働く。
堕落していく男の行く末に目が離せない。
マチダ

マチダの感想・評価

4.8
最近観た『クリスチーネ・F』や『神様なんてクソくらえ』はこの映画を実践してるように思った。映画音楽史上初めてテルミンを導入した作品とのことなので、電子音と依存症の組合せもこじつけたくなる。
恋人とお兄さんの献身的な支えがよかった!
アル中になると、お酒しか考えられなくなって、仕事もロクにできない、お金ないから盗みをする、大切な人を邪険に扱う、最後には死を選択、、
酒に振り回されるる人生
酒を求め街をさまよう姿は怖かった。
K

Kの感想・評価

4.8
He’s a hopeless alcoholic.
たく

たくの感想・評価

3.8
レイ・ミランドのアル中名作。
ラストシーンが印象的。
CHEBUNBUN

CHEBUNBUNの感想・評価

4.0
【山口達也擬似体験映画】
今この時期に『失われた週末』程タイムリーな映画は他にないだろう。カンヌ国際映画祭で最高賞を受賞したビリー・ワイルダー渾身のアルコール中毒映画だ。

先日、日本トップクラスのアイドルグループTOKIOのメンバー山口達也のセクハラ問題が明るみになり、それと同時に彼がアルコール中毒だったことが露見した。

TOKIOは老若男女から愛されていたアイドルだったが故にテレビやSNSで、内戦のように荒れた。

そんな今だからこそ、一度本作を観てほしい。アルコール中毒もとい、全ての中毒の恐ろしさを擬似体験できる。そして、一度嵌ったら抜けられない底なし沼に自分だったらどうする?と冷や汗が出てくるだろう。

物語は、アル中の作家が兄に中毒を断つ為の旅行へ行くところから始まる。兄は弟の病気を治そうと、弟が隠した酒を捨て、金も与えない。酒を飲めない環境を作り出そうとする。

物理的に酒を断てば治るのか?中毒は恐ろしい。弱い心が、欲望が、全力で酒を求めるのだ。中毒が、頭を狡猾に働かせる。

そして、自分の中では分かっているのだが、本当は酒なんかよい、酒ごときで犯罪なんかゴメンだ。紳士でいたいと思うのだが、抗えない。そして、ようやくありつけた酒は美味い。背徳感と努力の味が、さらに心を蝕む様子を本作は120%演出している。

普段酒なんか飲まない人ですら、主人公の苦痛とシンクロする作品になっている。

もちろん、酒やスマホ、ギャンブルと何かしらの中毒を経験したことがある人なら尚更共感するだろう。そして、主人公が見る幻覚、そして自身の中毒を隠そうとする様に背筋が凍るだろう。これは自分だと。

なので、今映画ファンに最も観てほしい傑作だ。山口達也は何故、病院退院後いきなり酒を飲みセクハラをしてしまったのか、示談はしていたとはいえ、何故平然とZIPに出続けられたのか。これらの謎がきっと判ることでしょう。
RYUYA

RYUYAの感想・評価

4.5
映像学科時代、我々生徒にこれを観せなかった教授を夜道で尾けてヘラ板でタコ殴りにしてやりたくなるほど、構図・台詞等の基礎的な事も全部詰まってて且つレイ・ミランドがその枠から大きくハミ出る熱量でイカれてるという、映画を志す人にとっての赤本的傑作。

ハナシは単純、アル中の作家が堕ちてくってハナシ。
でもその濃度と作用はコカレロ並でござーす。

何カットスクショしたかわかんねーわ^_^
>|