失われた週末の作品情報・感想・評価

「失われた週末」に投稿された感想・評価

クワン

クワンの感想・評価

3.5
アル中映画の原点。

先程レビューした「リービング・ラスベガス」より更にストレートにアルコール中毒の怖さを全面に描いている。やめたくてもやめられないその絶望。名匠ビリーワイルダー監督はその追い詰め方に容赦なく、アカデミー作品賞とレイミランドが主演男優賞を取ったのも納得のリアリズムと行き場のない人間ドラマだ。

売れない小説家が酒を買う金欲しさに、タイプライターを質に入れ、バーで女性の鞄を盗み、禁酒を誓ったはずなのに酒の魔力に屈していく。アル中病棟に送られ。脱走してもアル中患者特有の幻覚(壁からネズミが這い出し、窓からコウモリが侵入する、、)からは逃げられず、ピストル自殺しようとするが、、人間の内面の崩壊と狂気と共に抗えない哀しみが迫ってくる。

この2作観たら、お酒飲みすぎな方は控えられるかもしれない。。

明日は転職同期と飲み会。男ひとり私だけお酒あまり呑めず、後の女性3人はお酒大好きなので、必然的に飲み放題の店。ああ、お酒呑めるっていいな、酔っ払うって羨ましいな、、とたまに思う。たまには、私も酔って、記憶を失くして、失われた週末を過ごしてみたい 笑 でもやはりシラフの私は、記憶鮮明。だいたい後半は必然、ひたすら聴き役になること多い。そして、私は井戸になる。

でも、幸せな酔っ払いに向かって、この映画の話は明日はしないつもり笑
ぺ

ぺの感想・評価

4.0
アル中映画。

ただアル中なだけではなく金が無いアル中なので、まず酒をどうやって手に入れるのか、というとこにこの映画の面白さが詰まってる。
だんだん手に入れ方も過激になっていきおかしくなっていくのが面白い。

音楽が特徴的でまるでホラー映画かと思うような使われ方をしていてハラハラ感が凄まじい。

お酒はほどほどに。
sasataro

sasataroの感想・評価

3.5
兄がベッドの下にボトルを隠すシーンが良かった。
Scopio

Scopioの感想・評価

-
アルコール依存症の男性。
コップに注がれたお酒にカメラが寄っていくシーン。壁穴からネズミが出てくるところの音楽、良かった。
素数

素数の感想・評価

3.8
お久しワイルダー

中年アル中実質ニートの主人公がお酒と戦う、現在全敗中

前半は笑える会話もありコメディ調でしたが後半は割とシリアスでアルコール依存症の恐さが描かれていて割とメッセージ性も感じる作品

鑑賞後、薬物関係のニュースが流れていて依存症は時代は変われど無くならない問題のひとつだと感じました
どんなにダメダメでも支えてくれる人が必要なのでしょうね
私はスマホ依存が深刻です…

お兄さんがすごく素敵でしたが少なからず兄に対しての劣等感や罪悪感も主人公を追い詰めているのではないでしょうか
最後は出てこないまま終わってしまったけど週末が終わっても弟を見捨てないであげて欲しいな

構図とかのことはよく分からないけどビリーワイルダーらしい画がよくあって楽しかった
Oandg

Oandgの感想・評価

3.8
アル中の男の話でここまで持っていける手腕は見事。流石ビルワイルダー。

酒であろうが夢であろうが溺れていったものは容赦無く堕落していく、だがそこから抜け出すのもどちらかなのだという表裏一体感。
始まりと終わりが同じ絵でそこにきちんと意味をもたせているという見事な構成に唸ってしまう。
だりあ

だりあの感想・評価

3.8
酒に呑まれた男の転落物語。
背景に作家として行き詰まった苦悩が
あるのがリアリズム。

街をさまよい「頼む、飲ませてくれ」と
哀願する無様なドンは、一つの映画で
別の役のように変わっていく。
ここまで堕ちても、見捨てずにいてくれる
ヘレンはもう、女神である。

「私の恋敵はお酒ね」
シンプルながら、これぞ利き台詞である。
失われた週末(ジョン・レノン)ではない
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.7
そういえばまだ見てなかったなこれ第65弾。依存症ってこわいよねーほんと自分も多少その気があるから他人事じゃない笑。もうあれだもの一日でも映画を見ないと眠れないもん笑。本気で女性を好きになっちゃったらストーカーとかにまじでなっちゃいそうで怖いもん。酒依存恋愛依存ゲーム依存セックス依存ギャンブル依存SNS依存・・・いろんな依存症があるけども他人から見たらどんなにバカバカしくてくだらなくても本人にとっては必死でもがくほどややめられない病気なんだよあれって身をもって知ってる人間にとってはほんとに笑えない。兄貴が何だかんだ超いい奴だった。せっかく親に会うはずだったのに怖くなって逃げだしちゃうあたりも僕もやっちゃいそうで怖い。電球の裏?にボトル隠すのはあんなんできるのか。
>|