たっちーさん

シカゴのたっちーさんのレビュー・感想・評価

シカゴ(2002年製作の映画)
3.8
ミュージカル映画の王道。



スターになることを夢見るロキシーは、芸能コネがあると唆した愛人フレッドを殺してしまう。

彼女が投獄されたのは、女性殺人犯が集まる刑務所で、そこにはかつて妹と一緒に看板ダンサーを務めていたヴェルマもいた。

彼女も旦那と妹の不倫現場を目撃し、2人を射殺してしまったのだ。

ヴェルマは悪女としてまるでシカゴが生んだスターのような扱いを受けていた。

その手助けをしたのが弁護士ビリー・フリンであり、「女性の弁護をさせたら負け知らず」と云われる彼に、ロキシーは仕事を依頼するのだった。



やっと観られた。

当時ブロードウェイ・ミュージカルで観たときは、ざっくりとしかストーリーが分からなかったので、細かな設定が理解できて満足。