天津甘栗

シカゴの天津甘栗のレビュー・感想・評価

シカゴ(2002年製作の映画)
4.3
女性の逞しさを感じられるエンターテイメント作品。心情描写にミュージカルシーンを挿入。それら全てが実に活き活きとしていてカッコイイ。

また、主演の対照的な2人の絶妙なコントラストはとっても画面に映える。
バサバサ睫毛と真っ黒なアイシャドウのキャサリンゼタ姐さん。ドスの効いた歌声と、ゴツい重量感が貫禄たっぷりで大迫力。
甘い声のブロンドレニーゼルヴィガーは見違える程華奢でキュート。可愛らしい仕草や表情から滲み出る、小狡い卑しさ加減が上手い。

リチャードギアは少し役不足か。上背も色気も足らずチンチクリンで堺正章にしか見えん。
この敏腕弁護士役はトラボルタがオファーを蹴ったらしい。残念。

唯一、ブロードウェイで観た事のあるミュージカルがこのシカゴです。
公演直後、先程まで舞台上で躍動していたロキシー役の人(森下愛子似)が劇場近くのスーパーで彼氏らしき方と普通に買い物をしているのを見かけ、その気取らない懐の深さに感動しました。
あぁ、ニューヨークってすげーとなった。