Kogarath

007 スカイフォールのKogarathのレビュー・感想・評価

007 スカイフォール(2012年製作の映画)
3.9
ボンド・ガールらしき人が早々と退場して、あれ?と思いきや、まさかのMがヒロインだったという(笑)

前作のスピード感あふれるアクションから一転、ビジュアル面を強調して画そのものを見せるような戦闘シーンが印象的。
特に上海の超高層ビル内での追跡&格闘戦は白眉!大きな電光掲示板と、散らばるガラス片、組み合う2人のシルエット、隣のビルから見つめる謎の女…いやあ、美しい。
後半のスカイフォールの攻防戦も文字通り火の中水の中といった感じで、リアリティには欠けるけど観ていてとても楽しい。

新米だったはずのボンドがいきなりロートル扱いされてて戸惑ったけど、時代遅れと揶揄されたりアイデンティティーが揺らいだりしながらも何度でも立ち上がろうとする姿は素直にカッコイイ。そんなボンドに、イギリスの現状と希望を投影しているようにも思える。誇りを取り戻そうぜ!みたいな。

ハビエルの存在感は流石。ああいうキモい悪役大好き!