ASA

007 スカイフォールのASAのレビュー・感想・評価

007 スカイフォール(2012年製作の映画)
4.2
2015.12.18 : 鑑賞@自宅

もうまずBDメニューがかっこいい。さらに開始1秒くらいで音にびっくりした後には、迫り来る人にドッッッキドキ。どんだけ楽しんでるんや自分。
ウヮー!見ちゃったー!スペクター!!!!♡っていうテンションと心境で今日を過ごします。

フォローしている方々のように熱を持って、詳しく書けたらいいんやけど、もちろん感想はたくさんあるけど、パッと書き出せやんのはもしかして悲しいかな自分にはマッチしないのかもしれない007、、、。かっこいいのはものすごくかっこいいし、BDBOXの宣伝見たらそれぞれボンドが全然違ってかっこよくて初めから全作見たいと思うけど、アクションが小心者のわたしにはどきどきしすぎてしんどいんかしら。(;ω;)…
と前作までは思ってた。

でもこれは見てる最中から馴染んできたのかわくわくが強かった。
ベン・ウィショーが出てきた時のときめき !! ☆ (髪型が素晴らしい最強)ああやって物静かに会話してるのを聞くだけで好き。何語でも人が静かに喋ってて、それを集中して聞くのがいい。
前よりドキドキハラハラはしなくて心臓には優しかったし、←
レイフ・ファインズにベン・ウィショーにもちろんのダニエル・クレイグ、あれを外した時のシルヴァさんの悍ましさ。脳裏に焼きつく、割と整った顔なのに悪役声で耳にまとわりつく感じがまた感じ悪い。いい意味で。
Mとボンドさんの老け加減がまたなんかちょっと悲しくなる。

スコットランド(?)の景色もすごい開放的でいいのに不気味さがあるし、シルエット(影)を使った映像が多くてその怪しさとかっこよさ、夜景と昼のロンドンと薄暗いスコットランドどいろいろと最早美しい。


スペクターすごい楽しみ。映画館で見てまた心臓しんどくなるのは目に見えてるけど。