ATSUSHI

007 スカイフォールのATSUSHIのレビュー・感想・評価

007 スカイフォール(2012年製作の映画)
4.3
進化し続ける男

ダニエルクレイグ007シリーズ第三段。
今作の見所は、たくさんあるがなんと言っても、一つはやはりOPだろう。
もはや、これで満足の領域に連れて行かれる。ハイセンスかつ並の人間では到底表現できないような映像、演出。そしてアデルが歌うスカイフォール。ねっとりとしつつ、重みと張りがある歌声は本作の内容を見ずとも十分過ぎる幸福感に満たされる。
内容もまたまた序盤から飛ばしまくり、そして衝撃。予備知識を入れず見た自分からしたら、色々な意味で「お、終わった、、、」と
感じた。だがやはり、様々な壁を乗り越えてきたボンド。彼は簡単にはくたばらない男だ。
悪役もバビエルバルデム演じるシルヴァ。
一作目、二作目とは違うタイプの雰囲気で、とにかく不気味。三作通して、一番「悪」が滲み出ていた。悪役がぶっ飛んでいると、物語にも単純に面白みが出てくる。
今作のボンドガールはMと言われているが、全くその通りだ。スペクターのあらすじを見た際にMのオチを知ってしまったが、途中から「その」空気感がガンガン出ていて、逆に良かったかも。
最後の方から若干のグダりは気になったものの、三作目としての進化、ボンドの進化、諸々含めて、これは紛れもない傑作だ。