まつこ

007 スカイフォールのまつこのレビュー・感想・評価

007 スカイフォール(2012年製作の映画)
4.2
長らくボンドマラソンをしてきましたがようやくここまで辿り着きました(;^_^A
残すところは本作と〝スペクター〟のみ‼︎では、いってみたいと思います♫

タイトルコールまでの掴みはさすが!ドキドキのアクションからアデルの音楽が心地よく期待が高まる。歴代OP曲の中でやっぱりこれが〝私的NO.1〟です。

本作は、シリアスでアクションシーンはあるもののドラマティック。それでいてシンプルだ。

相変わらず品の良い粋なセリフに英国らしさを感じます。『校長室に呼び出しね。』っというMの茶目っ気!好きだっ‼︎

今作のボンドは一旦現役を退きながらもMへの忠誠心から復帰する。彼らの絆の深さ、まるで親子のような関係が後のラストに切なく響く。

でも、親子のような関係と思っているのはボンドだけじゃないんですよね。

ハビエル・バルデムがめちゃクレイジーでカッコイイんです‼︎マッカラン射的ゲームやネズミを食べる音に痺れる!
「あの〜…ペネロペやスカーレット・ヨハンソンを虜にしたあの映画のお方ですよね⁈」と聞きたくなるくらいヤバイぞ‼︎

彼女に愛されたくて、もっと見ていて欲しくて、叫び続けた彼の思いが憎しみに変わる。好きと嫌いは隣り合わせ。いつも一周しちゃえば裏腹なんです。彼の純粋な忠誠心が痛く刺さる。

愛は与えるだけでは満たされず、自分が求めるより与えてもらえなければ奪うことで満たされようとするのかな…

そう、女子の皆さんには世界の女子を虜にしたと話題になった新生Q:ベン・ウィショー氏は必見ですよ‼︎
私はターナーが好きなのであのシーンに人一倍反応!ターナがターナーの絵の前で待ちわせさせる。やっぱり007。お洒落にダジャレをぶっ込みますね♫
また『世代交代か…』という彼のセリフが作品のリブートを感じさせる!
それにしても彼はギリギリになっても決して焦らないですね。ザ・理系男子だな!

個人的にはデズモンド・Qの方が萌えるんですけどね♡(過去作のほとんどでQを演じている素敵な方です!)

ロンドンの地下鉄の駅で滑り台をしたいけどそんな勇気はございません‼︎あれ、憧れますよね( ´艸`)
実際、想像以上に長く高いから私がすると瀕死間違いなしですが♡

久しぶりに見ても上質な作品でした。

何があっても彼は言うのかな。
Mとのあの場面を思い出しながら…『僕は僕だ』と。


❁余談❁
無事に今作まで辿り着きました。日が迫りかなり焦りましたが28日にスペクターを観に行ってきます‼︎
フォローワーさんには〝生まれ変わったらボンドになる!〟人や、〝名前に007〟がついちゃってる人から〝武器の名前ですやん〟の人までボンド愛の深い方が多く色々教えて頂けることもありました。この場を借りて感謝‼︎
彼らが何故こんなにも007に魅せられているのか少しわかった気がします。
シリーズ作を追うことを躊躇う気持ちはわかります!でも全作観れてよかったなと私は思いました。

matsuko的007の総括は備忘録としてコメント欄ネタバレにて。興味のある方はのぞいてみて下さい(*^^*)←12/31 upしました。特に作品のネタバレはしていません…

長くなりましたが最後までお付き合い頂き感謝です♡