007 スカイフォールの作品情報・感想・評価

007 スカイフォール2012年製作の映画)

SKYFALL

上映日:2012年12月01日

製作国:

上映時間:143分

3.8

「007 スカイフォール」に投稿された感想・評価

ボンドカッコいい!
頭脳も身体も色気も完璧なのね〜
007ちゃんと観たの初めてかも。
ハビエルさん、ここにも出てきたか。って感じ…ほんとに怖い…怖いんだよ…トラウマなんだって…。
Qのオタク感がとても可愛くてなんか好き!
Takuto

Takutoの感想・評価

4.4
Silvaが最高過ぎ
この人の演技は個人的に大好き
コウタ

コウタの感想・評価

3.3
字幕で観て寝てしまった。
また観たいなぁ
りゅう

りゅうの感想・評価

4.1
オープニング歴代最高
mon

monの感想・評価

-
記録用
ひろ

ひろの感想・評価

2.5
まあまあ
カジノロワイヤルからのストーリーとは絡まない内容ながら、ダニエルクレイグのシリーズで1番好きな作品。ジェームスボンドのルーツやQの世代交代、秘書マネーペニーの経緯、アストンマーチンDB5の登場など、旧シリーズファンのツボも押さえながら、中だるみの無い展開。ハビエルバルデムをはじめとするキャストも豪華。唯一、個人的にはボンドガールがしっくり来なかったです。
Masayan

Masayanの感想・評価

3.5
【現代に蘇る王道な007】

昔の007(ショーンコネリー)ってほとんど見たことなく、なんとなくブックマークに埋もれてた今作。(時間も長いし。。)

満を持して鑑賞しましたが、なかなか面白かったかな。まず、舞台がいちいちかっこよくていいよね。冒頭のトルコからMI6本部のロンドン、敵地の上海、マカオと。途中、なんと日本の軍艦島も出てきます!
オープニングシーン含むてこの辺りはハイセンスな印象です。

ストーリーは中年007が頑張るという話ww
ただ、ダニエルクレイグがムッチャかっこいいのでダサい感じにはなってません。

いろんな秘密兵器を使うというより、生身のアクションシーンや王道の本部と現場のやりとりが表れてる感じでした。

まぁ、007を現代できちんとやりたかったんだろうね。キングスマンが新興スパイとするならこちらは古典スパイとして。

よくできてたと思います👏
ゲッパ

ゲッパの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

007シリーズを「復活」させた名作

冒頭のアクションシーン、敵に奪われたハードドライブの奪還ミッションに失敗。ボンドは死んだとMI6には扱われる。ボンドの存在意義が疑われ始める。
その後、ボンドは再びMI6に戻ろうとするが、戻るにはテストを受けてもらう必要があるとMに言われる。百戦錬磨の諜報員にとっては屈辱。しかし、テストの結果は不合格。やはり、もう「落ち目」なのである。それでもMの計らいによって現場復帰。
一方で、MI6の存在意義も疑われ始める。敵に奪われたハードドライブによって、世界中にいる諜報員の存在が暴かれる。イギリス国内でMI6不要論が出始める。スパイ活動なんて前時代的だ、ネットで情報を手に入れる時代にはもう不要だ、と。
ボンドのミッション失敗によって、MI6の存在まで危ぶまれる事となる。しかし、この状況を救ったのは、やはりボンドであった。
議会がテロリストに狙われている、それを察知したボンドは議会に向かう。議会ではMがMI6の必要性を説く。Mが朗読するテニスンの詩をバックに全力疾走するジェームズ・ボンド。このシーンは鳥肌がたつ。
ボンドの活躍によりテロリストは退治、MI6は新体制となり物語は終わる。

この作品、ボンドが救ったのは自身やMI6だけではなく、現代の007シリーズではないかと思う。本作はシリーズ第23作目、50周年の作品という、もう飽きられてもおかしくはない経歴だ。前作の慰めの報酬がイマイチだったのもあって、007シリーズの存在意義が疑われていたと思う。それに対してもダニエルクレイグボンドは見事に必要性を認めさせ、「復活」させてみせた。

作品内の名シーンも多い。冒頭の電車に飛び移るシーン、Qとの名コンビ、妖艶ボンドガール、アストンマーチンDB5など…多すぎるので割愛。
KazuMax

KazuMaxの感想・評価

3.4
ダニエルクレイグかっこいい!
このスーツ欲しい。
>|