どーもキューブ

デス・レース2000年のどーもキューブのネタバレレビュー・内容・結末

デス・レース2000年(1975年製作の映画)
3.5

このレビューはネタバレを含みます

コーマンプロデュース、人をひくデスレース



アメリカ映画のプロデュースの父

ロジャーコーマン印。

ロジャーコーマンの功績もでかい。


コッポラ、スコセッシ、ジャックニコルソンそのた大勢の人が彼の恩をうけている

「キルビル」のテビィッドキャラダイン

チョイ役、スタローン。

まさしく悪徳ゲームの世界そのまま。

人を引けば引くほどポイントがあがるレースが開催。

とある角本の紹介からみた本作。
(レアビデオだった)

人をひくとアナウンサーがにこやかに威勢良く

「ホニャポイント!いいねー」

と解説してたのを覚えてる。

こんなんがリメイクって、確かにネタとしてはいいかも。

けどアメリカもネタ不足なんだなー!

チープさ先行が残念。

2008年11月30日レビュー

追記
当時なかなかのレアビデオ。だが、雑誌の裏広告にも超安ビデオで販売していたり、RCAコロンビアビデオでも発売。スタローン無名時代映画としても、裏有名。

コーマン印映画にデビッドキャラダインあり!

チープなアクションの作りですが、ヘンテコな形の車や俳優のチープさもありますが、

前進ゴムタイツ野郎みたいなんがいた記憶!

いまじゃ、ひょっとすると「発掘良品」に化ける可能性あり。

珍品好きな方、スタローン、B級映画好きな方はぜひ!

意外にスカっとするかも?!